ひどい唇荒れをなんとかしたい!一番効果があったアイテムは 【体験談】

ひどい唇荒れをなんとかしたい!一番効果があったアイテムは 【体験談】

毎年唇が荒れるたびにリップクリームで対処してきたのに、今年は荒れ方がひど過ぎていつものリップクリームでは効かない! そんな困ったアラフィフ女子を助けたアイテムとは?

愛用のリップクリームが全然効かない!

マスクで隠れているとはいっても、唇の荒れは見た目にも痛々しく、女性として恥ずかしい……。そこでまずは、いつも使っているリップクリームをこまめに塗るようにしたのですが、唇はだんだんガサガサ度が増して熱っぽく、腫れている感じまでしてきました。普段なら、リップクリームをこまめに塗ればある程度はすぐに戻っていたので、このひどい状態は予想外の結果でした。

私はなんとかしたい気持ちがどんどん大きくなり、さらにいつもの対策で治らないので焦りも出てきて、どうしたら良いかと悩み始めました。

ビタミン剤やはちみつで唇が少し改善

まず、ビタミンBなどが足りないと皮膚が荒れやすいと聞いたことがあったので、ビタミンB6、B2を含んだビタミン剤を試してみました。朝と晩の1日2回ずつビタミン剤を飲むと、2日ほどで少し唇が良くなったかなと感じました。

それと並行して、以前読んだDr.クロワッサン はちみつが健康と美容に効く!(マガジンハウス)という本に、はちみつが唇の保湿に良いと書いてあったのを思い出し、パンに塗るために購入してあったはちみつを塗ってみました。すると、唇がしっとり。はちみつならめても安全だし、おいしいのもうれしい! でも、ほとんどなめてしまったあとは、ちょっとしっとり感も薄れてしまいました。それに、はちみつを毎回持ち歩くわけにはいかないし……。 そこで、ほかの物も試してみようと思いました。

一番効き目があったのは

はちみつの代わりに唇に塗る物として、友人が以前乾燥肌に良いよと話していた「ヴァセリン」を試してみることにしました。

これは無着色、無添加なので良いなと思いました。夜寝る前に唇に塗ってみると、かなりねっとりとして重い感じがしました。1 日目で皮むけや唇のピリピリ感がほとんど治まり、2日目には見た目にはガサガサした感じがほぼ改善しました。「ヴァセリン」というと昔からある物ですし、特に目新しさはないと思ってあまり期待していなかっただけに、うれしさが倍増しました。

現在は、夜寝る前に「ヴァセリン」を塗るようにしています。また、疲れがたまったときに肌荒れや唇荒れがひどくなる傾向があったので、ちょっと疲れがたまってきたときに、予防を兼ねてビタミン剤をとっています。そして、はちみつは日中、家にいるときに唇の荒れが目立ってきたかな?と思ったときだけ塗っています。

まとめ

今までは、唇の荒れは毎年のことだからと軽く考えていました。でも、年齢のせいで体質や体調が変わってきているせいか簡単に治らず、唇の荒れは侮れないと思いました。また、コロナ禍で生活環境が変化し、友人とお茶ができないことでストレスもたまって、体調にも変化を与えているのではないのかなとも思いました。

忙しい日々のなか、お手軽な方法で毎日続けられることが私にとっては重要なので、今回は身近なところで手に入るはちみつやビタミン剤、ヴァセリンなどで対処しました。結果として唇の皮むけや荒れを治すことができたので試してみてよかったです。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

肌のお悩みカテゴリの最新記事