すんなり寝入って朝までぐっすり眠りたい!私のあったか睡眠法【体験談】

すんなり寝入って朝までぐっすり眠りたい!私のあったか睡眠法【体験談】

最近、寝付きの悪さで悩んでいました。22時半ごろには寝室へ向かいベッドに入るのですが、すぐに眠れません。寒さの影響で、布団に入っていても体が冷えて眠れないのです。やっと眠れても、決まって夜中の2時ごろにはトイレに行くために目覚めてしまいます。そのせいか朝はスッキリ目覚められなかったり、日中、睡魔に襲われたり……。

これでは体調を崩すし、免疫力も下がって病気になりやすくなってしまうのではと心配になり、体を温めながら睡眠を促すための方法をあれこれ試してみました。

布団を寝る直前に温め、フカフカの状態に

寝付きが悪くなったのは、夜の気温がぐんと下がるようになった冬。湯たんぽを使ってみたのですが、布団に入って体のあちこちを触ってみると、太もも、おしり、おなか、腰、首元まで冷えており、湯たんぽでは足元しか温まらず体全体の冷えを改善できていないことがわかりました。

そこで、布団乾燥機を活用することにしました。アイリスオーヤマの布団乾燥機「カラリエ」です。ノズル1本タイプで税込み価格9180円。使い方はとても簡単で、ノズルを布団に入れてスイッチを押すだけで熱風が送られ、布団全体がフカフカになりました。もともと布団を乾燥させることが目的なので、熱風が出て布団が天気の良い日に干したかのようにホカホカに温まりました。その布団の状態ですぐに寝れば、体全体の冷えも感じません。おかげで、心地良く眠りに入れるようになりました。

夜中2時のトイレの目覚めは養命酒で改善

布団乾燥機を使用するようになって、寝付きはとても良くなったのですが、夜中の2時ごろに目覚めてトイレに行くことまでは改善できませんでした。今はコロナ禍ということもあるので、換気のために寝ている間も寝室の扉を少し開けています。そのせいでどうしても時間がたつと体が冷えてしまい、夜中に起きてトイレに行きたくなるようです。

そこで、寝る前に「薬用養命酒」(1000ml、税抜き2200円)を飲むことにしました。「薬用養命酒」には桂皮(けいひ)、丁子(ちょうじ)といった生薬が入っており、体の内側から体を温める作用があるそうです。最初は半信半疑で飲んでいましたが、たしかに飲み続けていくと夜中に起きることが少なくなってきました。夜中に起きずにぐっすり眠れることで朝の目覚めも明らかに良くなりましたし、体の疲れも取れてスッキリした感じです。

ヨガでさらに自然な眠りへ

布団乾燥機を使ったり「薬用養命酒」を飲んだりするようになって、ぐーんと良い睡眠が取れるようになりました。ですが、生理前や生理中になると少し体のリズムが崩れたり、体のこわばりが生じたりして、どうしても寝付きが悪く、睡眠も浅くなりました。

そこで、ヨガの先生から睡眠を促すヨガを教わり、寝る前におこなうことにしました。骨盤や股関節周りの筋肉を少し緩めてあげるとリラックス効果が高まるので、スムーズに寝付けるのだそうです。さらに血流を良くして体を温めてくれるとのことでした。

まず、腰を下ろして両膝を外側に向けて曲げ、足裏を合わる合蹠(がっせき)のポーズをします。背筋を伸ばし、ゆっくり上半身を前に倒して呼吸します。注意点は骨盤を立てて座ることです。おこなってみると、じんわり骨盤や股関節周りの筋肉が伸びていることが感じられました。だんだんと体が温かくなり不思議とあくびが出るほど眠くなってくるので、このチャンスを逃さないうちに布団に入るようにすると生理前、生理中でもすんなり眠れるようになりました。

まとめ

冬は、冷えから寝付きにくくなったり途中で目覚めたりと、睡眠の質が悪くなりがちな私。冷え対策として布団や体を温めたら効果的でした。さらに体と心の緊張を解きほぐすヨガのポーズを取り入れたことで、血行が良くなって体が温まり、すんなり入眠して朝までぐっすり眠れるようになりました。おかげで、以前よりスッキリした朝を迎えられています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

監修/駒形依子先生(こまがた医院院長)
【駒形先生からのアドバイス】
「薬用養命酒」は体質によっては合わない場合も。胃痛や胃もたれを引き起こすこともあるので様子を見ながら飲むと安心です。

生活・その他カテゴリの最新記事