衰えは突然に……。老眼を受け入れて人生を楽しみたい【体験談】

衰えは突然に……。老眼を受け入れて人生を楽しみたい【体験談】

子育ても一段落。やっと自分のことを見つめなおす時間ができたと思ったら、気づけばアラフィフ世代に突入! 世間的にそう呼ばれる世代になっても、「アラフィフなんて口に出したくない」とか「私はまだまだ若い」と思いますよね。でも、その言葉とは裏腹に体は正直。ふとしたときに衰えを感じるのが現実です。
私が最初に感じたのは、目の焦点のブレ。初めて自覚した違和感だからこそ、ショックは大きかったです。悶々とした時期もありましたが、私は人生を楽しみたいという思いから変化は素直に受け入れて、好きなことを続ける方法を見つけました。これから老眼と向き合う人にも、既に老眼と戦っている人にも、これからお話する私の体験が何かちょっとでも参考になればと思います。

老眼は突然にやってくる!

ん? 何これ? 焦点が合わない。新聞を読もうとしても字がボヤけてよく読めない。45歳のある日、急にそんなことを感じるようになりました。最初は「パソコンを見すぎたかな?」と目の疲労と思い、時間をおけば元に戻るだろうと、あまり気に留めていませんでした。しかし、症状はその後も続き……。そんなときに同年代の友人から老眼の話を聞いて、「私の症状も同じ。疲れ目ではなく老眼だ!」と自覚したのです。

困ったのは、小さい文字が見えにくくなるだけではなく、字も書きづらくなることと、本を読んでいても内容が頭に入ってこなくなることでした。そして、趣味の手芸もこれまでのようにできなくなって……。老眼が進んで物作りをやめてしまう人もいる、という話も聞きましたが、そんなの悔しいし、絶対にイヤ。楽しみを奪われるなんて納得できないですよね。人生100年時代、まだ半分! もっともっと人生を楽しまなきゃもったいない。 そう思ったときから、私は老眼と向き合う方法を考え始めました。

近眼の人は老眼鏡選びは慎重に

老眼を自覚したら、まず老眼鏡を作る勇気を持つこと。私は、最初「老眼鏡」という言葉さえ口に出したくありませんでした。それは、「老眼鏡」と口にしただけで10歳以上老けた気がしたからです。でも、今となってはそんなことを気にしていた自分を笑いとばしてあげたい。なぜかって、老眼鏡をかければ視野は広がり、文字もはっきり見えて快適に生活できるんです。そして若かりしころは、年配者はいかにも「老眼鏡」というような眼鏡をかけていたけれど、今は普通の眼鏡同様、ファッショナブルなフレームの物がいくらでもあります。今では、洋服を選ぶ感覚で眼鏡屋に行くことも楽しみの一つにしています。

大切なのはきちんと検査をして、自分の症状に合った度数のものを作ることです。特に近眼の人の遠近両用眼鏡の検査では、近眼鏡に合わせると老眼鏡が見えにくくなるし、老眼に合わせると遠くが見えにくくなることもありますので、信頼のおけるところでより慎重に検査に臨むといいと思います。私の場合は、遠近両用の近眼のレンズ部分は、これまで使用していた近眼鏡より1段階度数を落とすことを眼鏡店の検査担当にすすめられました。老眼鏡部分の度数とのバランスが重要なポイントのようです。

近眼の度数が強い私は「重ね着け」で解決!

遠近両用眼鏡を使い始めると、最初は老眼鏡部分で遠くを見てしまい、テレビの文字がぼやけて見えたりしましたが、そのうちすぐに慣れました。一般的な暮らしでは何も不自由はなくなりました。快適!

ところが私の場合は本を読んだり、文字を書いたり、手芸をしたり、細かい作業のときだけ、いまひとつピントが合わない感が続きました。困ったことに私は近眼の度数がかなり強いので、近眼鏡と老眼鏡のバランスの問題で、これ以上両方の度数を上げられません。そんなある日、家電量販店のカウンターで出会ったのが、今話題の「眼鏡型ルーペ」です。

ちょっとかけてみたら……びっくりするくらい手元がクリアに見えたのです。もうこれは手に入れるしかない!と思い早速購入。今では手放せない存在となっています。これなしでは本を読んだり、パソコンを使ったりはできません! 私の場合はいわゆる「眼鏡型ルーペ」on the「遠近両用メガネ」ですが、外出先で文字を書くシーンでもササっと重ねがけをし、もうすっかり慣れました。友だちからは驚かれますが実際につけてもらうと、見やすいと評判なんです。気に入った眼鏡チェーンを付けたりして老眼鏡&ルーペライフを楽しんでいます。老眼の度や元の視力などによって違うと思いますが、強めの近眼、老眼鏡だけでは手元の細かい作業がしづらい方にはおすすめ! ぜひ試してみてほしいです。

まとめ

クリアな視界を手に入れた私は、今、パソコンでの仕事も手紙を書くのも、好きな編み物をするのも何も不自由はありません。むしろ若いころより、積極的に仕事も趣味も楽しんでいます。遠近両用の眼鏡と眼鏡型ルーペは私の強い味方です。子育てやいろいろなことを乗り越えたからこそのバイタリティーがあり、これから自分のための人生が楽しめる、それがアラフィフ世代です。好きなことを諦めるなんてもったいない。もっともっと自分の人生を楽しめると確信しています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

目のお悩みカテゴリの最新記事