40歳を過ぎてからの疲労感はまさかの●●が原因だった!【体験談】

40歳を過ぎてからの疲労感はまさかの●●が原因だった!【体験談】

2年前、体が常にだるく、疲れやすい……という症状で婦人科を訪ねると、男性ホルモンが低下していることが判明。症状改善のために編集長・二階堂美和(47歳)が処方されたある薬とは?

とにかく疲れる、これって更年期!?

2年前の45歳のとき、何をしても疲れる、ちょっと動いただけでだるい……。そんな状態が続いていました。当時、仕事が変わったばかりで生活のペースになじめてないのかなと思っていたんですが、数カ月たっても状況は変わらず、どこか悪いんじゃないかと思って婦人科のクリニックを受診してみました。

40歳を過ぎていたので、先生からは更年期症状の可能性もあると言われ、ホルモン検査を受けました。すると意外な結果が!

不調の原因は男性ホルモンの低下だった

いよいよ更年期かと半ばあきらめた気持ちで2週間後、検査結果を聞きに再びクリニックへ。すると先生から告げられたのは「男性ホルモンが低下しています」という一言。思いもよらない検査結果だったので、とてもびっくりしました。

疲れやすい、やる気や活力が出ないという症状は、男性ホルモンの低下から来たものだったんです。

男性ホルモンのクリームを直接〇〇に塗る

処方された薬が膣に直接塗るクリームタイプの「男性ホルモン」。毎晩、お風呂に入った後、膣の中に塗り込んでいました。クリームを塗り始めてから数カ月くらいで症状は徐々に良くなっていきました。40歳を過ぎると女性ホルモンが減るという話はよく聞いていたんですが、男性ホルモンが減ることもあるんですね。

まとめ

疲れやすさやだるさからクリニックへ行くと、結果はなんと男性ホルモンの低下。処方された薬は膣に塗り込むクリームタイプの「男性ホルモン」でした。塗り始めて数カ月で体がラクになっていきました。婦人科でホルモン値をチェックしてもらってよかったです。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

更年期のお悩みカテゴリの最新記事