「したくなったらどうしよう…」の不安がなくなる頻尿対策、私の場合【体験談】

「したくなったらどうしよう…」の不安がなくなる頻尿対策、私の場合【体験談】

ちょっと水分を飲んだだけですぐにトイレ、気づけば1時間に1回はおしっこしないといられない……。40歳を過ぎれば多くの人が悩むようになる頻尿。アレをつけるだけで、精神的な不安がなくなるとモカさん(47歳)は言います。

一番いい席のはずが…

昔は映画の途中にトイレに行くなんてことは考えられなかったのに、今じゃ120分の映画ならちょうどクライマックスの100分くらいで「もうガマンできない…」ってなっちゃいます。

つい先日も夫が映画のチケットを取ってくれたのですが、なんとその席が映画館のど真ん中の席。「すごーい! ありがとう」と言ったものの、もうその席をスマホの画面で確認しただけで「うわっ、水分が摂れない」とがっかり。そして、案の定、クライマックスでトイレに行ってしまいました。

映画の最中ずっとトイレのタイミングばかり考えて、何にも頭に入らない。できることなら20年前の膀胱に戻りたい!

長時間眠れるのは若いしるし

疲れているときは、20代のころなら23時に寝たら、翌日のお昼くらいまで眠っていられたのに、今はもうムリ。明け方5時くらいに必ず尿意で目覚めちゃいます。

疲れていて眠いのにトイレに行きたい、しかもこの時期は寒いから、結局、目が覚めちゃって熟睡できないまま朝を迎えるんです。もっと寝ていたいのにホントに悔しい~。長時間眠れるのは、若いからできることなんだって最近気づきました。

生理用ナプキンにしか見えない「尿もれパッド」

例えばドライブで長時間トイレに行けない状態のときは、潔く尿もれパッドをつけるようにしています。「トイレに行きたくなったらどうしよう」とトイレのことで頭がいっぱいになるのが嫌で、尿もれパッドを一度試したんです。そしたら快適で手放せなくなりました。

「尿もれパッド」というと結構抵抗感がある人は多いと思います。私もドラッグストアの「尿もれパッド」売り場に初めて行ったときは抵抗ありました。すぐに売り場で長居せず買えるように「平均的な大人の尿量」をしっかり調べてから行って、その分量のパッドを購入しました。

ところが自宅に帰って、「尿もれパッド」を開いてみてびっくり。見かけは生理用ナプキンの夜用とほぼ同じなんです。だから、ちょっとしたドライブや旅行などのときは生理用ナプキンと同じようにポーチに入れて持っていくようにしています。

まとめ

1本分の映画すらガマンできない、ドライブで渋滞にはまるのが怖くて遠出を控えているなど頻尿の悩みを解消するべく思い切って使ってみたのが「尿もれパッド」。一見、夜用の生理用ナプキンにしか見えないので持ち運びやすくて、頻尿ストレスからも解放されました。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

生活・その他カテゴリの最新記事