更年期に多い「脇の下」の痛み。なぜ?どこを受診する?【医師監修】

更年期に多い「脇の下」の痛み。なぜ?どこを受診する?【医師監修】

40代、50代女性の体の悩みとしてネット上やSNSでよく見られるのが脇の下の痛み。打撲や筋肉疲労なども考えにくい場所であるだけに、原因はなんなのか気になる女性が多いようです。そこで、産婦人科医の駒形依子先生に脇の下の痛みがあるときの対処法や考えられる原因、予防について教えていただきました。

まず疑われるのは乳がん。乳腺外科を受診して

脇の下が痛いと思っていても実は、脇の下ではなく副乳という部位である可能性があるそうです。副乳という言葉は初めて聞く人も多いのではないでしょうか。

「副乳とは乳腺組織の遺残物であり、両側ある方もいれば片側のこともあり、乳頭の組織もある場合、ない場合など人によってさまざまです。生理周期に合わせて乳腺が発達すると、副乳も発達し、痛みを感じることがあります。

原因はさまざまですが、副乳にできる悪性の乳がんの可能性もあるので、脇の下周辺に痛みを感じるなら、まずは乳腺外科を受診しましょう。そこで乳がんやそのほかに考えられる病気を否定してから更年期の影響を疑います」(駒形先生)

ただ、乳腺外科は一般の外科や整形外科よりも医師の数が少ないということです。

「近所に乳腺外科のクリニックがあるか、ない場合は総合病院に乳腺外科があるかを調べておくだけでも安心です。受診に時間と手間がかかると後回しにしてしまいがちです。痛みがひどくならない前に調べておき、ゆとりのあるときに受診しておくといいですね」(駒形先生)

女性ホルモンが減ることが影響することも

乳腺外科で乳がんの疑いをなくしても、まだ脇の下周辺に痛みがある場合は女性ホルモンの変化が影響していることがあると駒形先生は言います。

「更年期に入って女性ホルモンの分泌が減ることで、乳腺が萎縮してかたくなることがあります。その過程で脇の下の周辺に痛みを感じることがあるかもしれません。

また、ホルモン補充療法を受けている人は、薬が乳腺を刺激することで痛みが出ることがあります。もともと年齢を問わず生理前におっぱいや副乳が張りやすかった人に多いようです」(駒形先生)

ホルモン補充療法を受けてから、脇の下周辺や胸に痛みがある場合は、かかりつけ医にすぐ相談したほうがいいということです。

日ごろから自分の胸周りを意識しよう

脇の下周辺がちょっと痛い、違和感があるというとき考えられるのは
①乳がん、②女性ホルモンの影響、③ホルモン補充療法の影響
の3つがあるということでした。乳がんの早期発見のために何かできることや、女性ホルモンの影響に対してケアできることはないのでしょうか。

「40代になったら半年~年1回のペースで必ず乳がんの検診を受けてほしいですね。そして、日ごろのケアとしては乳がんの早期発見も兼ねておっぱいや脇の下周りをほぐしたり、もんだり、マッサージをすると良いでしょう。

女性ホルモンの分泌が減ることで乳腺がかたくなったり、おっぱい周りの組織がたるむのは、血流が影響しています。マッサージで血流を良くすることが大切です」(駒形先生)

入浴時、体を洗うときは脇の下のマッサージをするベストタイミング。毎日の日課にすると良さそうです!

まとめ

脇の下が痛いというとき、まず疑うのは乳がんということでしたが、乳がんでなくてもほかのがんがリンパ節に転移している可能性もあるという先生のお話がありました。軽く見ていると大変なことになることもある脇の下の痛み。早めのケアが肝心と言えそうです。

取材・文/mido(48歳)
ライター歴25年。35歳で第1子、38歳で第2子出産。最近、たるみが加速して二重あごが悪化。身長153㎝なのにLサイズの服が少しきつくなってきて……人生最後のダイエットを計画中。

更年期のお悩みカテゴリの最新記事