コロナ禍で更年期の悩みを助長!乗り切るための工夫3つ【体験談】

コロナ禍で更年期の悩みを助長!乗り切るための工夫3つ【体験談】

更年期真っただ中の私は更年期にありがちな症状をいろいろ感じるように。そのなかでも特につらいと感じているほてり症状は、コロナ禍では絶対に欠かせないあるものが原因でより不快に感じることに気付きました。そこで少しでも不快感をじょうずに乗り越えるためにいろいろな工夫をしているという体験談です。

今の私って更年期真っただ中かも?

現在アラフィフの私は、年齢的に考えても更年期真っただ中ではないかと思っています。実際に病院で診察を受けたわけではないため、はっきり更年期が原因だとはわかりませんが、書籍やネットなどで調べると更年期ならではの症状が、現在私が感じているつらい不快感にぴったりです。

特に私の場合は急に顔がほてるホットフラッシュらしき症状が1日に4~5回起こることもあり、1度ほてってしまうと30分から1時間ぐらいその状態が続きます。ほかにも以前より感情の起伏が激しく、気持ちが急に落ち込むことも。年齢的にも加齢による肌や髪の変化、体重の増加、体力の衰えなど気分が落ち込む原因は尽きません。

また、今まで体が冷えて眠れないなんてほとんど感じたことがなかった私ですが、最近は体が冷え切って眠れないことも。このようなことから、今の私は更年期の真っただ中ではないかと感じているのです。

不快感を高めているのはあれだった?

更年期ならではの症状をなんとか乗り切っている私ですが、コロナ禍でのマスク使用はよりつらさを助長していると感じています。特に不快感が助長されていると感じているのは、いわゆるホットフラッシュであろう症状です。突然起こる顔のほてりの回数がマスクをすることで増えてしまいました。

マスクをしているときに顔がほてると、だんだん頭がボーっとしてきたりクラクラすることも。それに、マスクをした状態でほてると顔がより真っ赤になり、その状態で食事のときなどマスクを外すと、とても恥ずかしい思いをすることもあります。

そして、アラフィフにもなると肌のシミ・くすみなども気になるので、できるだけカバーするためにメイクをしっかりしたいところですが、マスクをするとメイクが崩れやすくカバーしにくくなります。もちろんマスクをすると顔があまり見えないので、ノーメイクのままでも気楽に買い物に行けるなどのメリットもありますが、特にマスクを外すシーンでは非常にデメリットを感じています。

更年期のマスク生活をうまく乗り切る!

更年期真っただ中であろう現在の私は、マスクによる不快感をなんとか乗り切るためには自分なりの工夫は欠かせません。まずマスクをして外出するときには、いつもよりホットフラッシュらしき症状が多くなるので、とにかくほてったらすぐに使用できるように、真冬でも扇子はいつも持ち歩いています。

またシミ・くすみをカバーするために、ついファンデーションを厚塗りにしたくなりますが、マスクの中で汗をかいて崩れたときは手が付けられません。そこでファンデーションは最初から使用せず、食事などでマスクを外す前にトイレで軽くパウダーファンデーションで整えるようにしています。

顔がほてり頭がクラクラするなど不調を感じたときには、とにかくすぐに冷たいドリンクを飲むことに。そうすることでモヤモヤした頭もスッキリします。これらはどれもいろいろ試した結果行き着いた方法です。

まとめ

もともとマスクをする習慣のなかった私は、マスクが更年期の私にこれほど影響があるとは想像もつきませんでした。しかし、マスクが不可欠なコロナ禍の状況では自分なりにいろいろ工夫するしかないと思っていますが、やはりストレス解消したいときなどはマスク不要のドライブなどが増えています。

また、今までならショッピングに出かけたときにはカフェに立ち寄ることが楽しみだった私でしたが、最近は買い物が終わると自宅に直行。今の状況からつい逃げてしまいがちですが、これからも少しでも心地良く生活するための工夫をし、今の状況に負けないように頑張りたいと思っています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

監修/駒形依子先生(こまがた医院院長)
イラスト/サトウユカ

【駒形先生からのアドバイス】
更年期のホットフラッシュに冷たいものを飲むと一時的にラクになることがありますが、全体的に冷え、それを繰り返すことでホットフラッシュがさらに悪化する可能性もあります。冷たいものを飲みすぎないように気を付けましょう。

更年期のお悩みカテゴリの最新記事