「便利すぎる!」冷え性で胃腸の弱い私にぴったりな神アイテムとは

「便利すぎる!」冷え性で胃腸の弱い私にぴったりな神アイテムとは

価格が高いイメージがあり、今まで購入することをためらっていました。しかし、いざ買ってみると気軽に温かい物が食べられ、保温効果を利用しておかゆも作ることもできます。便利すぎて手放せなくなった、そのアイテムについて紹介します。

気温差に負けて冷えやすい日々

もともと寒がりな私でしたが、40歳を過ぎてからは特に冷え性が悪化したと感じるようになりました。おなかも壊しやすく、生ビールを飲むのが怖くなったことも。私の場合、ユニクロの「ヒートテック」やタイツのお世話になる期間が長く、夏以外はハイネックやタートルネック、もしくはストールが必須です。貼るカイロや腹巻きも必要に応じて使います。

世間的には気温が15度を過ぎると自販機はホットからコールドに変わるようですが、コールドの切り替わりが私には早いように感じていました。朝晩の気温差が大きいと体調を崩しやすく、寒くて仕方がありません。自宅で喉が渇いたときには、常にホットの飲み物を飲むようにしています。夏でもクーラーが効いていると、ホットの飲み物が欲しくなります。

思い切ってスープジャーを購入

以前、知り合いからスープジャーが便利とすすめられましたが、価格が高く感じられ、使用頻度を想定するとなかなか手が出せずにいました。洗うのも面倒そうだし、スープジャーの保温性に疑問も。しかし、胃腸不良で食欲不振になった際、昼食に困るように。当時、午前と午後でパートをかけ持ちしていた日があり、移動の合間に車内で昼食を取っていたのですが、胃腸が弱っているため「温かい物が食べたい、スープが食べたい、おかゆが食べたい」と思うようになったのです。量の多い外食は食べられません。コンビニのスープは私にとっては割高で、種類が少なく感じていました。

そこで、サーモスのスープジャー380mlサイズを購入。広口なので手を突っ込んでスポンジで洗うことができます。仕事中に魔法瓶で持参したお茶も飲みますが、やはり昼食で温かい食べ物を体に取り込むほうがホッと落ち着きました。肝心の保温性については、中身をたっぷり入れること、使用前にお湯で温めること、保温ポーチを使用することという3点を守れば、私としては合格点の温度がキープできました。

スープジャーの便利さに目覚めた

胃腸があまりにも優れないときは、朝食用におかゆをセットしておくこともあります。生米から作るおかゆが、自然な甘みがあっておいしいのです。スープジャーに熱湯を入れて5分ほど温めたあと、1度お湯を捨てます。洗った米と熱湯を入れてひと晩置くと、翌朝にはおかゆが完成。お米の量は大さじ2~3で、食欲がないときは2食に分けることもあります。でき上がった物がぬるいと思ったら、鍋に移し替えて温めることも。

昼食には、朝食で作った味噌汁の残りや、夕食の残りのスープやシチューをお弁当として持っていくことが増えました。野菜を煮込んでスープにするほうがカサが減り、野菜などの栄養もとりやすいように思いました。時間がないときはインスタントの味噌汁やスープを使いますが、380mlのジャーを満たすために2人前を入れています。

小豆を炊くときには、1度スープジャーに熱湯と一緒に入れてひと晩置いて柔らかくしてから圧力鍋で炊くということもしています。

まとめ

スープジャーを購入したことで、お弁当の守備範囲が広がりました。ポットのお湯がなくても温かい物が食べられるのがうれしいです。毎日の食事では、消化にやさしいおかゆが少量で簡単に作れるようになり、調子が悪いときは自分の分だけおかゆにしたりできるので、体調管理にも役立っています。

コロナ禍で外食もしづらくなったため、さらにスープジャーが大活躍! ただ、これからの時期は食中毒も心配なので、衛生管理に気を付けながらスープジャーを活用していこうと思います。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

監修/駒形依子先生(こまがた医院院長)
【駒形先生からのアドバイス】
温かい食事をとることは大切ですが、温かいものだけをとることで体は恒常性を保つために冷まそうとします。きちんと体自体が発熱し保温する機能を高めるために筋肉を動かす習慣をつけないと、保温するために脂肪がつきやすくなります。温かいものをとりながら筋肉を動かす習慣もつけましょう。また、過度なダイエットは筋肉が減り体を冷やす原因になるので、体重だけに注目したダイエットは控えましょう。

生活・その他カテゴリの最新記事