40代でおしゃれ迷子!自分の姿を見直してわかった自分に似合う服とは

40代でおしゃれ迷子!自分の姿を見直してわかった自分に似合う服とは

20代から百貨店に勤めていたこともあり、おしゃれが大好きでした。30代半ばで出産を経験しファッションに関するプライオリティーがおしゃれから機能性になりましたが、楽しく服と向き合えていました。しかし40代に入り、子どもたちのお世話も一段落して自分の時間が少しずつ取れるようになってみると、改めて自分の着ている服がどれを着てみてもしっくりこないことに気付いたのです。

変化した自分の姿に気付いてショック!

30代は子育ての真っ只中で、動きやすく汚れても洗濯しやすい服を中心に着ていました。ボーダーシャツやマウンテンパーカー、カーディガンにデニムパンツなど、機能性は重視しつつも自分の好みにも合う服を着ていたので特に悩んではいませんでした。

しかし40代に入り、30代のころと同じファッションをしている自分の姿を鏡で見たとき、急に違和感を抱いたのです。なんだかしっくりこない……。どうしてなんだろう?と悩んでいたところ、たまたま子どもたちとアルバムを見て、そこに写っている30代の自分と今の自分の顔色や姿が大きく違うことに気付きました。

今の私は30代のときに比べ、体は筋肉が落ち運動不足で少し体重も増えました。顔はたるみ気味で、子育て中の外遊びの影響が出ているのか色白だった肌は少しくすんでいます。毎日メイクをする際に鏡で自分の顔を見ているとはいっても、毎日のことで変化に気付いていませんでした。

つい最近もお気に入りだったパステルピンクのカーディガンを着たとき、自分の顔に似合っていないこと、そして自分の緩んだ体型がかえって浮き彫りになり目立っていることに気付いてがくぜんとしたのです。

ぽっちゃり気味の私に合う着こなしとは

突然おしゃれ迷子になり、何を着たら良いかわからなくなった私。ダメもとで、子育て中もったいないと思い着ていなかった独身時代の服を着てみたものの、案の定似合わない……。体型が予想以上に変化していてファスナーが締まらない服もありました。

とてもショックでしたが、おかげで目を覚ますことができました。結果的に私自身も驚くくらい服を処分し、残ったのはベーシックなシャツや体型に合ったパンツのみ。

そして早速、自分に似合う服探しをスタート。まずはYouTubeやブログなどで同世代の方のファッションを見て勉強しました。手軽にネットショッピングで購入しようと思いましたが、画像を見ただけではイメージがわかないのと試着できないので断念しました。でも、たくさんの服を見たことで自分に似合いそうな服のポイントがわかってきました。
・ボトムスは現状のサイズより1サイズ上も試着してバランスを見る。色はベーシック
・スカートは長めの丈を選び、縦ラインを強調
・トップスはおしりが隠れるくらいの丈を選んで体型をカバー
・くすみ気味な肌に似合うくすみ系のカラーを選択
私なりにこの4つのポイントを意識して買い物へ出かけました。

試着は大切、たくさんの発見が!

私は身長155cmとやや低めでぽっちゃり気味、脚も太く筋肉質。肌は白いほうですがくすみ気味です。

まずは黒パンツを試着。普段はMサイズですがLサイズも試着しました。するとおなか周りもピッチリし過ぎず、また脚のラインが出ないでパンツのきれいな形が保たれました。丈は少し長かったので、お直しに出してくるぶし丈に変更しました。

次はスカート。ロングスカートは似合わないと思い込んでいましたが、試着したら丈次第では似合うことに驚きました。身長が低めなのであまり長過ぎてもバランスが悪く、くるぶし上くらいがバランス良く着られました。腰周りにお肉が付いているため、ギャザーが多すぎるスカートはかえって太さが強調される印象でした。

羽織り物もいくつか試着し、少しくすんだカーキのジャケットや黄色でも少しトーンの落ち着いたくすみ色のカーディガンが似合うとわかりました。身幅がピッタリし過ぎておらず、重ねて着ても着ぶくれしないかを確認しました。

自分なりにポイントを意識して試着を繰り返した結果、くすみ色を着ることで肌とのなじみが良くなり、そしてぽっちゃりでも縦ラインを強調することでスッキリした印象になりました。

まとめ

何を着たら良いのかわからなくなって途方に暮れていたときはかなり落ち込みましたが、今の自分の体型や顔色などを受け止めて、そこから何が似合うか模索。好きなテイストは基本変わらないのですが、自分の変化に見て見ぬふりをするのではなく受け止めたことで、サイズや形を見直し、体にしっくりくる服が選べるようになってきました。

これから年齢を重ねていくと体型・顔色などいろいろと変化していくと思います。そんなときは、まずは自分の姿をしっかりと見つめ、服を少しずつアップデートしていきたいと思います。そして自分には似合わないという思い込みを取り去って、いくつになっても新しいファッションにも挑戦していきたいです。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

監修/駒形依子先生(こまがた医院院長)

★関連記事:ダサい私服をなんとかしたい!悪戦苦闘の日々からわかったおしゃれのヒント
★関連記事:50代もおしゃれを楽しみたい!年齢的な変化をさりげなくカバー【体験談】
★関連記事:「似合う服がわからなくなった!」私が洋服迷子から抜け出せた理由とは

生活・その他カテゴリの最新記事