更年期のころには体中にシミだらけ!?50歳目前で本気のシミ対策を決意【体験談】

更年期のころには体中にシミだらけ!?50歳目前で本気のシミ対策を決意【体験談】

40代後半で急にシミが増えだしたころ、以前、皮膚科の医師から言われたことを思い出しました。私は、メラニンの働きが普通の人よりも活発だそうです。これは皮膚のことだけを考えると保護機能が優秀ということでいいことなのですが、「何も対策をしないでいると、更年期のころには体中、シミだらけになるよ」と言われた記憶が……。これはシミ対策を本気でしないとマズイ!と、50歳を目前に決意しました。

更年期のシミの原因は?私は○○でした

出産後の30代後半、シミができ始めました。若いころから粉白粉と頬紅、口紅ぐらいのお化粧しかせず、ファンデーションを塗ることは年に数回程度でした。しかし、40代半ばを過ぎるとシミが目立ち、ファンデーションが必須になりました。そしてついには、ファンデーションを塗ってもシミを隠せなくなってしまったのです。

シミをなんとかするため、まずは以前通っていた皮膚科に行きました。医師によると私のシミはメラニンの働きが活発なことに加え、貧血による鉄分不足で活性酸素をやっつけてくれるカタラーゼという酵素が少ないのが原因とのことでした。紫外線を浴びてシミの素となる活性酸素が発生しても、活性酸素をやっつけてくれるカタラーゼが作られるのですが、私の場合はカタラーゼが少ないのでシミができやすいようです。

食事やサプリで体の中からシミ対策

まずは、食事内容の見直しとシミ予防薬の服用を始めました。食事内容の見直しとしてシミ予防に良いと聞くビタミンや鉄分も積極的に摂るように。ビタミンAと鉄分補給にはレバーの煮つけ、ビタミンCはピーマンやキウイなど、ビタミンEはナッツ類を少量でも毎日食べるようにしました。

シミ予防のサプリメントや薬は薬局で一度購入したのですが、毎月1万円弱もするので値段的にキツイなぁというのが正直なところでした。そこで、皮膚科に相談して、同じ成分の薬を処方してもらえることになりました。処方薬なので効果も期待できるし、保険適用なので家計の負担も少なく継続して飲み続けられるのも良かったです。

まずは紫外線対策。日焼け止めを毎日塗るように

次にできるシミ対策は紫外線を予防することだと思い、今まで子どもとプールに行くときしか塗ってなかった日焼け止めを毎日塗るようにしました。雨や曇りの日、冬も、また出かけない日も、本当に365日、毎日塗りました。

屋外だと直に日光が当たるので、紫外線を浴びている!と実感するのですが、晴れていない日でも紫外線は降り注いでいるんですよね。わが家のリビングはとても日当たりがいいので、日差しが強いときは部屋にいるときもカーテンを閉めることがありました。紫外線を意識しだすと、リビングでひなたぼっこをしていても紫外線を浴びている!と気になるので、日焼け止めを欠かさないようになりました。

まとめ

若いころは体が元気だから紫外線対策を何もせず、食事は偏ったものでも不調を感じなかったのですが、この年齢になるとちゃんと考えないといけないということを自覚しました。更年期はさまざまな体調の変化や不調を感じるようになりますが、シミを作りたくない!という思いから始めた紫外線対策と食事の見直し。始めて1週間ぐらいで、肌の調子がいいなぁと感じ、半年ぐらい継続していると効果を実感できるようになりました。シミは薄化粧でも目立たなくなり、くすみも消えたよう。頬のあたりは艶が出てきました。これ以上シミを増やさないための紫外線対策と、今あるシミを薄くしていく体の中からのケアの両方が大切だと実感しました。この二つの習慣をこれからも続けて、肌の健康を保とうと思っています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

肌のお悩みカテゴリの最新記事