ダサい私服をなんとかしたい!悪戦苦闘の日々からわかったおしゃれのヒント

ダサい私服をなんとかしたい!悪戦苦闘の日々からわかったおしゃれのヒント

私は若いころから私服がダサいと自覚していて、制服がある仕事をしていてよかったと思っています。加齢でさらに似合う服、似合わない服がハッキリしてきました。セルフプロデュースが下手だと夫にもダメ出しされてはいるものの、なかなか改善できないため、自分なりに原因を分析してみました。

自分自身に制限が多いことも難点

私はとても寒がりなので、首、手首、足首が出せません。真夏以外は首にストールなどを巻いているか、首元が詰まった服を着ています。また冷房による冷えが怖いので、夏でも長袖カーディガンが必須。足元もサンダルなんてもってのほかです。素肌を出せないことにより、季節感が出せず重い印象になりがちでした。

かといって、肌を出さないことが前提の冬ならおしゃれできるかというと、そうではなく……。本当はレザージャケットやトレンチコートに憧れがあったのですが、そういった服は私の場合は肩が凝りやすいので諦めました。冬場は軽量でも温かいダウンジャケットにくるまり、まるでダルマのようになっています。

さらに肌が弱いのも問題です。化学繊維が肌に触れると刺激を感じるので苦手で、どんなにおしゃれなデザインだったとしても化学繊維の服は着られません。そういったもろもろの制限があることも、おしゃれになれない一因なのかなと思っています。

骨格診断とカラー診断で似合う服と色を学ぶ

そんな私がどうしたらおしゃれになれるかと考え、ショップで全身をトータルコーディネートしてもらったり、オンライン相談を受けたり、プロに同行ショッピングしてもらったりしようかとも思いました。しかし値が張る上にコロナ禍でなかなか出かけられません。しかも自分自身にいろいろと制限があるので、人に相談をするのも気が引けました。

おしゃれについて調べているうちに骨格診断というものがあることを知りました。そこで、骨格診断に関するネットや本を見て自分にはどんな服装が似合うのかを勉強するように。それによると、私はシンプルな服装が似合う「ストレート」タイプでした。

また同時に、10年以上前に百貨店でカラー診断を受けた際にウインタータイプと診断されたことを思い出し、ネットで調べてみるとウインタータイプの人は青みがかった色が似合うとのことでした。また、ウインタータイプは鮮やかな純色や強くてハードな色が得意で、色のコントラストをハッキリさせた服装やメイクが似合うという情報も得ました。

色のパワーが悩める私を救ってくれるのか?

実家に帰省した際、母に「同じような色ばかり着ていない? 」と言われたのをきっかけに、ウインターカラーの明るい色の服を買うことに。マゼンタカラー(鮮やかな赤紫色)のスポーティーなジャケットをネット通販で購入しました。店頭販売だったら恐らく買っていないほどの、目の覚める色のジャケットが到着。恐る恐る着てみたところ、色が斬新だったからか一部の人には大絶賛されました。今まで服の色で褒められた経験がなかったので驚きました。

マゼンタという色自体も、私自身はプリンターのインクでしか知りませんでしたが、力強い愛のエネルギーを与えるパワーがある色らしいです。好みが分かれるけれど、個性は出るのかもしれません。強い色味をアクセントにしたり、自分の骨格やカラーに合う色を選んだり。冷えや肩凝り、肌の弱さとさまざまな制限がある私でも、自分なりのおしゃれはできるものだと思えてきました。

まとめ

今でも悩みながら服を選ぶ毎日ですが、自分に似合う色を知っているということは服を探す上での1つのヒントになっています。子どもが小さいうちは自分の服装に構うことができませんでしたが、これから子どもが大きくなるにつれて、どんなアラフィフになりたいかを考えつつ、ファッションも楽しめたら良いなぁと思っています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

監修/駒形依子先生(こまがた医院院長)

生活・その他カテゴリの最新記事