セルフ白髪染めはどこまで染まる?使用タイプの違いとは【体験談】

セルフ白髪染めはどこまで染まる?使用タイプの違いとは【体験談】

40歳を過ぎてから増えてきた白髪。今までは美容院でカラーリングをして白髪を隠していました。けれど増えすぎて、もう白髪染めでないと隠し切れないほどになっちゃいました! でも、私が通っている美容院の白髪染めは暗めなので好みではないし……。そこで思い切って自宅で明るめカラーをいろいろ試してみた体験をお話しします。

後頭部など自分では気付かない場所に白髪がゴッソリ

最初に白髪を気にし始めたきっかけは、髪をハーフアップにしたときでした。36歳でちょうど2人目の子どもを産んだ後です。正面や頭頂部など普段、鏡に映る所は白髪があっても数本。けれど、気付きにくい後頭部はどうだろうと、髪を上げてみたら白い筋状の白髪が束になってあったのです。びっくりして耳の上やうなじあたりも髪をかき上げてみたらゴッソリ!

どうやら知らない間に白髪が増えていたようです。髪をアップしないとわからないような場所にたくさん生えていました。確かに額側の髪の生え際や頭頂部に短い白髪が目立ってきて気になっていたのですけれど。まさか、こんなにたくさん生えているとは思いも寄らなかったのでがく然としてしまいました。

これはもう全部染めないと隠し切れない白髪の量だと思い、美容院でカラーリングから白髪染めにチェンジすることに。でも、美容院でお願いするとちょっとカラーが暗めになってしまって、私の好みではありませんでした。どうしても白髪を染めるとなると、明るいカラーでは白髪が染まりきらずに後々目立ってしまうので、美容院では黒っぽいカラーをすすめられることが多かったのです。そこで、セルフ白髪染めなら自分好みの明るい色があるかもと思い、早速買いに行ってみることにしました。

染め方に迷い泡タイプを試してみたところ…

ドラッグストアに白髪染めを買いに行くと、メーカーはもちろんカラーが明るいものから暗いものまでさまざまで選ぶのに時間がかかりました。一つひとつ商品を手に取り、パッケージの裏を確認。染め方にもいろいろあることに気付きました。

昔ながらの2液を混ぜてコームで染めるタイプや、2液だけどワンプッシュで出てくるクリームタイプ、隠れ白髪も染めやすい泡タイプ。後はトリートメントタイプもあったのですが、価格が高かったのでこのときはやめました。やはり、この3タイプが主流のようですね。

コームタイプは染め残しが出てきそうなことと片付けが面倒かなと思い、泡タイプを購入しました。私の後頭部にはいくつもの束になった白髪があったので、これなら一気に染められると思ったからです。

早速帰宅して試してみたところ、白髪が染まり切らないという結果に。原因は、放置時間が短かったこと。結構、時間がたったなと思い込み、髪を洗ってしまったのでしっかり色が入っていませんでした。毛先は割と染まっていたのですが、根元は白いままなので、泡タイプは根元が染まりにくい印象を受けました。

セルフでもキレイにできる染め方のコツを発見

結局、泡タイプで染め切れなかった根元、生え際はワンプッシュのクリームタイプを買って染め直しました。コームタイプを選んだのは、髪をとかすので根元にしっかりカラー剤が付くかもと思ったから。根元まで染めることができ、使い切れなかった分を次回用に残しておくこともできて便利でした!

セルフでおこなうときの染め方ですが、髪を分けるブロッキングをするとキレイにできました。頭頂部に近い髪をクリップなどで留めてコームでしっかりとかしていき、ピンポイントでカラー剤を白髪に塗布。よく考えたら、美容院はちゃんとブロッキングしてやってくれていますよね。カラーリングするときの基本ですね。毛先までしっかりとかして、カラー剤を付けたら説明書に記載の時間まで放置。しっかり染まって欲しい場所は多めに付けるとしっかり染まりました。

まとめ

結果として染まり具合は、完全に白髪が隠れた!とは言えませんでしたが、髪色自体が明るくなり、程よく白髪も染まって目立ちにくくなったので満足しています。根元用はコームタイプ、全体用は泡タイプと使い分けています。現在は、泡タイプはまだそんなに白髪が目立ってないときに使用して、根元が白く目立ってきたらコームで染め、本当にちょっとだけこめかみなどが目立つときはマスカラタイプの白髪隠しを使用しています。明るめカラーに冒険できるのがセルフ白髪染めの良い所だと思います。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

髪のお悩みカテゴリの最新記事