え、閉経したのに大量のおりものが!考えられる病気とは?【医師監修】

え、閉経したのに大量のおりものが!考えられる病気とは?【医師監修】

更年期後半になると、若いころと比べておりものの量が減ったと感じている人もいるでしょう。下着の汚れが気になる人は「この分だと閉経したら血もおりものも出なくなる?」と思っている人も多いようです。一方、おりものの量が減ってきていたのに、突然大量に出て戸惑う人も。更年期後半や閉経のころのおりものの量について、産婦人科医の駒形依子先生に聞きました。

閉経しても、おりものはまだ出る!

閉経するとおりものがまったく出なくなると思っている患者さんが多いと駒形先生は言います。

「閉経をすると子宮からの粘液は減りますが、腟内の常在菌は閉経と関係なくあります。おりものは雑菌を外へ出す自浄作用があるので、雑菌が入ればおりものは出ます」(駒形先生)

ただ、若いころと比べれば量はかなり減るそうです。

「おりものの量は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌に比例しています。 生理がある場合は排卵のころ、生理と生理の中間あたりの時期には、エストロゲンの分泌が多くなるので、おりものの量が増えるのが普通です。閉経をするとエストロゲンの分泌がほとんどなくなるので、おりものの量もそれに応じて少なくなります」(駒形先生)

大量のおりものが出ても大丈夫?

閉経すると、本来おりものの量は減るということですが、突然大量のおりものが出たら原因はどんなものが考えられるのでしょうか。

「減るはずのものが増えるということは、子宮や腟内で何からの炎症が起きていることが考えられます。特に多いのがカンジダ腟炎です。おりものが多いだけでなくどろっとしたヨーグルト状になったり酒かす状になったりします。特徴的な症状が外陰部の強いかゆみです。ホルモンバランスの変化やストレスで抵抗力が低下すると発症しやすいので、更年期世代もなりやすい病気です」(駒形先生)

なお、カンジダ腟炎は10代からも発症するポピュラーな病気。閉経前でも、強いかゆみがあっておりものの様子がおかしいときは受診したほうが良いそうです。

更年期のお悩みカテゴリの最新記事