老眼鏡だってバレたくない!40歳で作ったおしゃれ「お手元用メガネ」【体験談】

老眼鏡だってバレたくない!40歳で作ったおしゃれ「お手元用メガネ」【体験談】

老眼デビューは40歳とかなり早めだった編集長・二階堂美和(47歳)。周りに老眼と気づかれないように、既製品のいかにも老眼鏡ではなく、おしゃれフレームに老眼レンズをはめ込んています。すっかり老眼鏡の使い手となった今は「お手元用メガネ」「遠近両用コンタクト」「ルーペ」の3種類をシチュエーション別に使い分けています。

私の目、おかしくなっちゃったの!?

編集長という仕事柄、朝から晩まで文字を見ている毎日を送っていました。40歳を過ぎたある日、いつもは何の違和感もなく読んでいた写真の下に書いてある文字がやけに小さく見えたんです。

それで文字を配置してくれたデザイナーに「今回の写真の下の文字、小さすぎませんか? いつもと同じ大きさに修正してください」とお願いしました。するとデザイナーは「いつもと同じ大きさですよ」と。その場はごまかして電話を切りましたが、“私の目おかしくなっちゃった”というショックで頭がいっぱいになりました。ところがその夜、一連の出来事を友人に話すと「それ、老眼! このメガネかけてみな」と渡されたのは老眼鏡。かけた途端、世界が変わりました。近くのものがめちゃくちゃ見やすいんです。

お手元用…。店員さんの優しさが気持ちを逆なでた

当時、私は40歳になったばかりで老眼であるという事実を自分の中で認めたくなかったし、周りの人には絶対に知られたくありませんでした。でも、毎日文字を読むという仕事柄、このままでは厳しいと考えて、意を決して老眼鏡を作ることにしました。ただし、普通の老眼鏡だとばれるので、メガネ屋さんでおしゃれなフレームを選び、そのフレームに老眼鏡をはめ込んでもらうことにしたのです。

メガネ屋さんに行き、「このフレームに老眼用のレンズを入れてもらえませんか」とお願いすると、20代の店員さんが「あっ、お手元用ですね?」とオブラートに包んだ言い方をしてくれました。優しさで言ってくれた「お手元用」という言葉が私の心を逆なでたのを今でも記憶しています。とはいえ、無事におしゃれなお手元用メガネは完成。会社でも老眼鏡だと気づかれることなく使えるようになり、かなり快適になりました。さらに、老眼鏡をかけると目が大きく見えるので、思わぬメリットもありました。

コンタクトやルーペを使い分けてより快適に

それからは遠近両用コンタクトにも挑戦。この遠近両用コンタクトも使いやすいんですが、ピントが合うまではぼやけて見えるのでじーっと見ていないといけないという難点があります。こればかりはどうにもならないようで、「気合でピントを合わせてください」とコンタクトレンズ屋さんに言われました。

また、ペットの犬の爪を切るとき専用に100円ショップで売っているルーペも持っています。私の場合、シチュエーションに合わせてメガネ、コンタクト、ルーペという老眼用三種の神器を使い分けているので、見えにくいというストレスはなくなりました。

まとめ

初めて老眼とわかったときはショックでしたが、今はシチュエーション別にお手元用メガネ、コンタクト、ルーペを使い分けて快適な視界を手に入れています。40歳を過ぎて、字が小さい、見えにくいを感じたら老眼を疑ってみるといいかもしれません。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

目のお悩みカテゴリの最新記事