健診でまさかの高血圧!更年期以外にも意外な原因があった【医師監修】

健診でまさかの高血圧!更年期以外にも意外な原因があった【医師監修】

40代に受けた健康診断で初めての高血圧診断にびっくり……という経験はありませんか。「特に生活習慣が変わったというわけではないのになぜ?」と不思議に思う人も多いかもしれません。原因がわからないと更年期だからかなと済ませてしまうことも多いですが、それ以外にも原因があると産婦人科医の駒形依子先生は言います。その原因とはなんなのでしょうか。

親が高血圧なら子も高血圧

更年期に入ると高血圧と診断される人は多いものの、すべての女性が前より血圧が高くなるわけではないと駒形先生は言います。

「高血圧は、それまでの生活習慣が大きな原因になります。味の濃いものを好む、間食が多い、寝る前にものを食べるといった食習慣を子どものころから続けていることが、高血圧やそのほかの生活習慣病を引き起こす大きな要因の一つに挙げられています。食事以外にも運動不足や夜型の生活による睡眠不足なども原因になります」(駒形先生)

ただ、厚生労働省の調査※によれば、高血圧と診断される女性は40代では7.8%に対し、50代になると21.3%と急増します。なぜ更年期になると急増するのでしょうか。

※平成12年第5次循環器疾患基礎調査

女性ホルモンのサポートがないことで悪化

もともとの生活習慣が高血圧の原因ですが、それを助長し、悪化させるのが女性ホルモンの低下だと駒形先生は言います。

「卵巣から分泌される女性ホルモンであるエストロゲンには、血管をしなやかにして拡張させる働きがあります。それまでは、悪い生活習慣を続けていてもエストロゲンのサポートがあったのでなんとか持ちこたえていても、更年期に入ってエストロゲンの分泌が減少すると、血管の柔軟性が低下して、血圧上昇を抑えられなくなるのです。

また、血圧のコントロールをしている自律神経が女性ホルモンのバランスの乱れの影響を受けて、うまくコントロールできなくなることも原因です。ただ、それまで正しい生活習慣を続けていれば、女性ホルモンが低下してもすぐに高血圧になるということは少ないです。大切なのは生活習慣です」(駒形先生)

それまでの自分のおこないが更年期に結果として体に表れるということのようです。

更年期のお悩みカテゴリの最新記事