そんなに食べてないのに体重増加!原因は更年期脂肪!?【体験談】

そんなに食べてないのに体重増加!原因は更年期脂肪!?【体験談】

40代後半くらいから、体重が増えてる!と気になってきました。若いころはどちらかというとやせ型だったのに、ポッコリおなかや、二の腕のぶら下がり肉など、気になることが続出! でもでも、そんなに食べてるわけじゃない。どちらかというと若いころに比べたら食べていないくらいなのに、なぜ? 調べてみたらその原因はどうも更年期脂肪にあるらしい。更年期だったら諦めないといけないの? そこから私の更年期脂肪との戦いの日々が始まりました。

更年期脂肪ってなに?

某テレビの情報番組によると、更年期は加齢による筋肉量の減少で基礎代謝が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少することにより、脂肪が代謝されにくくなり、女性の生涯の中でも特に太りやすい時期になるそうです。

この時期の女性の体は、ホルモンバランスが大きく崩れていて、内臓脂肪がつきやすくなり、これまで気にならなかった部分の脂肪が気になるように。この脂肪が更年期脂肪と呼ばれているようです。更年期の体重増加を減らすためには、この更年期脂肪を燃焼させるしかない! そのためにはどうしたらいいか。有効な改善策はないか友だちに話を聞いたり、ネットで調べたりして、実践してみました。

運動は苦手だけど、ウォーキングとフィットネスジムに挑戦!

まず、脂肪を燃焼させるためには、有酸素運動(ウォーキングや軽いジョギングなど)が有効と友だちに聞いて、ウォーキングを始めました。運動は苦手なのでジョギングは無理ですが、歩くのはそんなに苦ではありませんでした。1人では続かないと思って、友だちと一緒に1時間ほどウォーキングしたり、買い物はなるべく車を使わず、歩いたりしました。最近は犬を飼ったので、散歩がてら毎日ウォーキングができて助かっています。

そして次に筋肉量を増やすため、筋トレできるフィットネスジムに通い始めました。私が通っているフィットネスジムは、有酸素運動と、器具を使った筋トレを30秒ずつ交互に30分間するジムで、運動嫌いな私でも抵抗なく続けることができています。運動することで、身のこなしが軽くなり、健康的な生活を送ることができるようになりました。でも肝心の体重は、増加こそしませんでしたが、なかなか減らすことはできませんでした。

ダイエットに効果的?朝食に腹もちのよいスムージー

次に食事制限を考えました。でも、無理なダイエットは健康バランスを壊してしまいそうで、どうしたらいいか悩んでいました。そんなとき、ダイエットとは別に美容や健康に良いとスムージーが流行っていたので、朝食に取り入れてみることにしました。とりあえず簡単、リーズナブルで続けやすいものを作ることに。

果物(バナナやみかんなど、比較的安価で手に入りやすいもの)と豆乳、きな粉、すりごま、小松菜。これをジューサーで毎日作っています。思ったよりおいしいし、驚いたことに腹もちがいいのです。今までは、朝からたっぷりご飯とおかずを食べて、やっと昼までもたしていましたが、スムージーをマグカップ一杯飲むだけで、おなかが満たされて、昼ごはんまでもつのです。

昼食と夕食はいつも通り食べましたが、お通じが良くなることもあり、これを続けることで、なんと体重が減ったのです! 2~3kgですが、これがなかなか落ちなかったので感激! 最近は甘酒や、筋肉の原料であるタンパク質の必要性を考えてフルーツ味のプロテインを入れたりしています。栄養バランスを考えて何を入れようかと選ぶのも今の楽しみです。朝食にスムージーの生活を3年ほど続けていますが、体重は2~3kg落ちたまま、現状維持を保っています。

まとめ

更年期はホルモンのバランスなどにより、女性の生涯で太りやすい時期。だから体型の変化も仕方ない部分もあると思います。でも、なぜ太りやすいのか、どうすれば少しでも防げるのかを知ることによって対策を考え、その中でも無理のないことを実践してみました。やはり無理をするとストレスもたまるし、続きません。運動もスムージーも今では私の生活の一部であり、楽しく実践しています。これからも自分に合った方法で更年期を乗り切っていきたいです。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

体型のお悩みカテゴリの最新記事