気になる!オトナ女子の白髪について美容師や栄養士に聞いてみた【体験談】

気になる!オトナ女子の白髪について美容師や栄養士に聞いてみた【体験談】

年齢を重ねるにつれて、だんだんと髪質って変わってきませんか? パサついたり、ハリやコシがなくなってきたり……。私が髪のことで一番気になるのはやっぱり白髪! 35歳を過ぎたころから急に白髪が増え始めたので、知り合いの美容師さんや栄養士さんに気になったことをいろいろ聞いてみました。

白髪の原因って何?美容師さんに聞いてみた

美容師さんいわく、髪色はメラニン色素の量によって決まるのだそう。メラニン色素は年々少なくなっていき、やがてほとんど含まれなくなると白髪に……。いわゆる加齢による白髪は“欠失型白髪”と言われ、メラニンの生成機能を失っているのだとか。

ちなみに、白髪だったはずの髪の毛がまた黒く戻っていること、ありませんか? 私はたまにあります! これは“休止型白髪”と呼ばれ、遺伝や加齢だけではなく、ストレスや栄養不足が原因で一時的にメラニン生成機能の活動を休止し、白髪になったものだそうです。そしてこの“休止型白髪”の場合には、再び黒髪が生えてくることもあるらしいです。

また、頭皮の血行を促すのも良いらしいので、お風呂で頭皮マッサージをしているのですが、たまには自分へのご褒美として美容院でヘッドスパをしてもらうことも。老廃物と一緒に、ストレスも流してもらえる気がします!

バランスの良い食事が一番の予防法かも!

栄養士さんの話によると、加齢による白髪は完全に止めることはできなくても、食生活やサプリで栄養を補うことで進行を遅らせることはできるそうです。バランスのとれた食事を心がけることが大切らしく、私も以前より食生活に気をつけるようになりました。すると、なんだか白髪の進行が遅くなったような気が……!

まず海藻類(昆布、わかめなど)や魚介類(いわし、さばなど)は髪に良いことで有名で、髪の毛を健康な状態にしてくれるそう。次に、乳製品(チーズ類)や果物(バナナ、リンゴなど)、大豆やナッツ類は、メラニン色素の原料と言われるチロシンを含んでいるらしいです。そして野菜や豆類などもミネラルを含んでいて髪に良いそうです。

とは言え、たまにはジャンクなものを食べたくなったりすることも……。そんなときは、いろいろな市販のサプリで栄養を補いながら、息抜きしています。

隠す?見せる?ベストなヘアスタイルは?

白髪が気になり始めてから、ずっと長い間染めていなかったカラーリングを考え始めました。私は夫が8歳年下なのですが、夫は黒くてつやつやとした髪でさらに年齢よりも若く見えるタイプなんです。だから、夫にとってキレイな妻、そして娘にとってかわいい母でいたい! とは言え、まだそんなに白髪が多いわけではないし。白髪染めやヘナも良いけれど、どういったふうにカラーをしようか悩んでしまう……。

初めは分け目を変えて隠してみたり、ふんわりさせて目立ちにくくしたりで何とかカバーしていました。それでも気になってきたころ、私が取り入れたのは、ウィービングというカラーリング方法。全体ではなく筋状にカラーを入れる方法です。ほかには、束状にカラーリングするメッシュもオシャレだと思います! どちらも白髪が目立ちにくくなるだけではなく、髪が伸びてきてもプリン頭にならないので、忙しいオトナ女子にぴったり! 個人的にすごく良かったので、もし気になったら、美容師さんに相談してみるのも良いかもしれません。

まとめ

できるだけ増やしたくない白髪だけれど、隠すだけではなくあえて活かしたスタイルを楽しんだり、さらに増えていったらいっそのことすべて染めないグレイヘアもステキだなーと思っています! アンチエイジングが流行っているけれど、「オトナ女子だからこそ」の美しさも大事にしたい。年齢を重ねることも楽しんでいきたいです。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

髪のお悩みカテゴリの最新記事