40代で下半身太り!はけなかったスキニーがはけた私の対策【体験談】

40代で下半身太り!はけなかったスキニーがはけた私の対策【体験談】

多少増減する時期はあるものの、基本的な体重は55kg。身長は160cmなので、ごく標準的な体重だと思います。20代前半も現在も体重は同じ。しかし、40歳を過ぎてから下半身太りが気になってきたのです。運動以外の方法で「下半身太り解消」を目指す私の体験談をご紹介します。

これが話に聞いていた下半身太り? 

「下半身太り」を自覚したのは43歳のときです。2年ほど前から、おなか周りだけがきつく感じられるようになったのです。ズボンのチャックが上がらないものも出てきました。もともと、おなかはぽっこりしていて、痩せてはいません。しかし明らかに下半身、それもおなかだけが極端に太ってきたのです。おしり・太もも・脚は変わりません。まるでハンプティダンプティのような体型です。食事量も変わらず間食もしないのに、体型だけが変化してしまいました。

激痩せも激太りも経験しましたが、基本的な体重は20代前半から変わりません。ずっと55kg前後です。そのため服も同じサイズを買い続けていました。20代前半のころ会社の先輩に「そのうち下半身が変わってくるよ」と言われたのですが、43歳になり、その意味をようやく理解したのです。「これが下半身太りか!」と大きな衝撃を受けました。

スキニーをはいても太ももや脚は変わらないので「痩せている」と言われることもあります。しかし、実際にはおなかがタプタプになっているのです。かなりバランスが悪い体型になってしまいました。服を着ていればわかりづらいとしても、やはり自分自身にとっては非常に気になるものです。そこで下半身太り解消を目指そうと考えました。

下半身太り解消のためにジムに通うも断念

下半身を引き締めようと知人が勤めているジムに週3で通い始めました。早めに効果を実感したいと考えて、なるべく間を置かずに通うようにしました。きちんと指導を受けたほうが良いのではないかと考えたので、あえて知人が働いているジムを選んだのです。

1回の運動は1時間程度。知人のアドバイスを受けて筋トレ中心の運動をした上で食事量を抑えると、体重は落ちました。ただし問題である「おなか」だけが変わらないのです。痩せていくのは脚や胸ばかりで、おなかはぽっこりとしたまま。思うような効果は得られなかったことからモチベーションが保てず、1年たたないうちに断念しました。

そこでようやく、しっかりと「下半身太り」の解消方法を知ろうと考えて、ネットで調べてみることにしたのです。いくつかのサイトを確認したところ、やはり筋トレは有効な方法とのこと。私は結果を出せませんでしたが、方法としては合っていたようです。もっと長期間続ければよかったのかもしれません。

そのほかにも「むくみ」「姿勢の悪さ」などが原因として記載されていました。普段むくみは気になりませんが、姿勢の悪さは自覚しています。姿勢が悪いという自覚はあっても、ついラクな姿勢で座ってしまうのです。少し猫背であるのも影響しているように考えられます。そこで正しい姿勢を意識するようになりました。

体型のお悩みカテゴリの最新記事