どうしてこんなにイライラする?原因は更年期だけではなかった【医師監修】

どうしてこんなにイライラする?原因は更年期だけではなかった【医師監修】

更年期症状の代表的な症状として“イライラ”がありますが、なかには、あまりイライラしない人もいるそうです。同年代なのに、いつもイライラ怒っている人とそうでない人は、どこに差があるのでしょうか。産婦人科医の駒形依子先生に聞きました。

イライラには2種類ある

駒形先生のクリニックにも、イライラに悩む40代、50代女性の患者さんが多く訪れるそうです。

「イライラの原因は大きく分けると自分の思いどおりに事が運ばないときに生じる“ 精神的イライラ ”と、自分の意思とはまったく関係なく生じる“ ホルモンバランス的イライラ ”があります。両者が合わさっていることも多いです。

40代、50代女性の場合は、夫や子どもとの人間関係がうまくいかない、親の介護をどうするべきか、といったことでイライラしてしまうことが多いようです。これは “ 精神的イライラ ” ですね。

一方、“ ホルモンバランス的イライラ”は本人の意思とはまったく関係なく、本当にささいなことでイライラするのが特徴です。これまでは我慢できなかったことが我慢できなくなるのが更年期なのです」(駒形先生)。

女性ホルモンの影響で我慢できなくなる

ホルモンバランスが崩れると、どうしてイライラするのでしょうか。

「セロトニンの生成に関わる女性ホルモン(エストロゲン)の減少により、セロトニンが不足し、感情がコントロールできずにイライラするようになります。 また、社会や家庭でのさまざまなストレスにより、自律神経のバランスが崩れることも要因となります。

さらに、更年期になると子宮の機能が落ちて下半身への血流が減り、上半身に集中することで頭に血が上りやすくなります。頭がいつもカッカして、ちょっとしたことでもイライラしやすい状態になります」(駒形先生)。

我慢強い性格の人ほどイライラが爆発しやすい

しかし、同じように更年期を迎えている女性でも、イライラばかりしている人と、そうでもない人がいるような気がします。

「イライラという怒りの感情は、突然湧き出るものではなく、長年の我慢の蓄積が原因であることも多いのです。例えば、家族が食べたものをさげないということが嫌だった場合。若いときは“まあいいか”と見過ごせたり、我慢したりしてきたとします。

でも、更年期になるとホルモンバランスが崩れて感情のコントロールがうまくいかなったり、頭に血が上っていたりしていて我慢できなくなるのです。

ですから、 イライラばかりしている人と、そうでもない人との違いは、我慢してきたか、してこなかったかということです。 自分が思っていること、意見を小出しにしてコミュニケーションを周囲と取ってきた人は感情を爆発させるリスクは低いでしょう。

もし、自分はずっと嫌なことを我慢してきたという人は、自分の思っていることを周囲に伝えてみてほしいと思います」(駒形先生)。

まとめ

駒形先生のクリニックでは、自分のイライラで悩んでいる患者さんには、血の巡りを良くして頭をクールダウンする漢方薬を服用しながら、イライラの原因を解決する方法を考えてみるようにアドバイスするそうです。自分はなぜイライラするのか、どうすればその原因を解決できるのか、見つめ直すことが有効とのことです。

取材・文/mido(49歳)
ライター歴25年。35歳で第1子、38歳で第2子出産。最近、たるみが加速して二重あごが悪化。身長153㎝なのにLサイズの服が少しきつくなってきて……人生最後のダイエットを計画中。

★ウーマンカレンダー更年期のお悩み記事

関連記事:
★更年期の運動不足はマジやばい!不調の原因は筋力低下だった【医師監修】
★更年期症状を乗り切りたい!身近なものでできるホットフラッシュ対策4つ【体験談】

更年期のお悩みカテゴリの最新記事