写真の自分にがく然!何もしなかったからこそ変わった私のだらしない体形【体験談】

写真の自分にがく然!何もしなかったからこそ変わった私のだらしない体形【体験談】

若いころより食べる量を減らしているのに全然減らないぜい肉に、悲しくなっている人は多いのではないでしょうか。ちょっと食べ過ぎただけで太る、加齢により肉の付くところが変わってきた気がするという声もよく聞きます。私も、若いころからダイエットに挑戦しては失敗を繰り返してきました。そして、年齢を重ねた今は、ますます体形がだらしなく見えるようになったと実感しています。そんな私の体験談です。

筋トレしていないのにたくましくなっていた背中

若いころは、たとえ太っても上半身には影響がなく、洋服を着るとトップスがパンパンになるなんてことはありませんでした。だから、私の母親たちが言っていた「太ると背中に肉が付くのよね~」なんてことは、都市伝説みたいなものだと思っていたのです。

それは40歳のときのことです。子どもの幼稚園行事の写真を購入するために、私は園内に掲示された写真を見ていました。「たしかこの辺に子どもと私が写っているはず……」と思いながら、ふと写真を見ると、そこには「とても頼りがいのありそうな広い背中のおばさん」が写っているではないですか! 「え? この服、私がこのときに着ていたやつだよね……。てことは、このおばさんが私なの?」。自分の背中を客観的に見ることなんてなかったので、「ほかの人にはこう見えているの?」と思うと、ものすごくショックでした。自分のセルフイメージが良過ぎて現実を見ていなかったことが、とにかく恥ずかしくてたまりませんでした。

ウエストとヒップの境目がなくなっていた私の体

私はもともとバストとヒップが大きめで、ボトムスを買うときにヒップの大きさに合わせると、ウエストが余っていました。ヒップが大きい分、ウエストが「キュッ」と引き締まって見えていたので、若いころは夫に「メリハリがあってスタイルが良いね」と褒められていました。

その後、2度の出産を経て、自分のことなんて構っていられない数年の育児期間を過ごしました。そして41歳を迎えたころ、お風呂に入る前に久しぶりに自分の体を鏡で見たら、「あれ? ウエストが行方不明になってる……。ヒップと太ももの差もないよ? どこ?」と、呆然としてしまいました。重力に逆らえず、ありとあらゆるお肉が下へ下へといった結果、若いころのメリハリがあったはずの体型がものの見事に寸胴になっていました。バストも、サイズは昔と変わってないのに明らかにハリがなくくたびれていて、ますます悲しくなったことは忘れられません。

母から受け継がれていく二の腕のフルフル

私がまだ子どもだったころ、ノースリーブを着ていた母の二の腕のお肉を弟とフルフル触るのが大好きでした。決して太ってはいないのに、母の二の腕のお肉はいわゆる振りそで状態。フルフル触るたびに「やめて!」と怒られていたけれどやめられませんでした。

10代のころ、私の二の腕は40歳を過ぎた母の二の腕と違ってフルフルしないしパンと張りがあったので、心の中で母の二の腕をバカにしていました。そして時は流れ、私は当時の母と同じ40歳を過ぎました。子どものころ、特に10代の私に伝えたい。「今は良くても、加齢で二の腕がフルフルするようになるからバカにしたらダメ!」

私、現在進行形で二の腕に振りそでができています。毎朝子どもたちを送り出すときに腕を振っては実感し、当時の母に心の中で懺悔しまくってます。

まとめ

誰でも平等に年を取るはずなのに、同年代でもとても若々しい女性や芸能人を見てはうらやましくなったりしていました。今は、その体型の維持をするのにどれだけの努力をしてきているのだろうと尊敬のまなざしで見ています。長年、ダイエットに挑戦しては失敗を繰り返してきたからこそ、自分に厳しくしないと体型の維持は難しいと身に染みてわかっているからです。ジムに通う、食事に気を付ける、言葉では簡単ですがそれを継続していくことは大変です。今までの本当に甘い自分を変えて、意識を高く持っていくために、まずは毎日体重を量り、鏡で自分の体を見続け、食事の記録を取ることから始めていきたいと思います。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

体型のお悩みカテゴリの最新記事