「ボディラインが崩れてきた…」やってよかった!体のたるみをカバーするコツ【体験談】

「ボディラインが崩れてきた…」やってよかった!体のたるみをカバーするコツ【体験談】

ムチムチした体がコンプレックスだったのは10代までの話。20代からは痩せ気味の中肉中背で、ボディラインを褒められることもしばしばでした。第1子を出産した20代後半以降も変わらないプロポーションが自慢だったのです。

しかし、アラフォーで第2子を出産したあたりから徐々に体型が崩れ始めました。そしてついに40代半ばで、加齢によると思われるたるみに直面! 私が直面したたるみの傾向と、その対策についての体験談です。

ウエストも二の腕も、細さが自慢だったのに

20代から30代にかけての私は、ボディラインが自慢の1つでした。洋服を買うときにはウエストがぶかぶかで困ったり、ノースリーブだと細過ぎる二の腕を出すのが恥ずかしかったり。服にもよりますが、5~7号サイズがぴったりでした。

特別背が高かったり脚が長かったりということはなかったものの、出るところは程良く出て、くびれるところはそこそこくびれていたので、目の錯覚も呼んでいたのでしょう。下着選びにも気を付けていて、ブラジャーは常に寄せて上げるタイプを、ショーツはTバックにして常にヒップをキュッと上げておくよう意識して過ごすか、ガードルできゅっと上げるかのどちらかを常に心がけていました。

しかし40代半ばを迎える少し前になって、自慢のボディラインは若さゆえの張りと下着の機能のおかげだったと気付くことになるのです。

ボディライン崩れ。原因は加齢によるたるみ!?

40歳を過ぎてもそこそこプロポーションを褒められ、いい気になっていたのもつかの間。現実には、どんどん30代のころの洋服が入らなくなっていました。

まずは下半身。ヒップが入らない、太ももが入らない。 ついに自慢のウエストすらボタンが留められない服ばかりとなっていきました! こうなってくると、30代までの下着では太刀打ちできないかも……と徐々に気になりながらも、お気に入りの下着をやめられない日々。しかし何よりショックだったのは、自慢の二の腕や肩周りまでがたぷたぷになってしまったこと。慌てて運動も食事制限もしました。

でも、そのうちこれってぜい肉が増えただけではないんだなと気付きました。なぜなら、自慢だったウエストも二の腕も、よく見るとお肉が付いたというよりも単純にたるんでいたのです。ウエストも二の腕も、加齢によってお肉がたるんでたまっているように見えているんだと思いました。

体型のお悩みカテゴリの最新記事