多かった髪の毛が減り、10円ハゲまで!これって加齢が原因??【体験談】

多かった髪の毛が減り、10円ハゲまで!これって加齢が原因??【体験談】

抜け毛、薄毛、白髪など、髪の毛にまで及ぶ加齢の魔の手。40歳手前で白髪が生え始め、年齢を追うごとに増えてきたけれど、まだまだ染めるほどではない。「1度染めたらこれからずっと染めなきゃならないですよ」と美容師さんに言われ、なんとか染めずに頑張ってきたら、最近薄毛のほうが深刻になってきた!?

髪の毛は多くて困っていたくらいなのに…

以前は、美容院に行くと必ず「ボリュームダウンしてください」とお願いしていたほど髪の毛がフサフサだった私。ところが最近、髪の手触りが変わってきたんです。明らかに少ない……。ボリュームが減っている……。そして、「このままいくと、私の髪の毛どうなっちゃうの?」と不安を感じるように。

そんなある日、髪の毛を何気なくかき分けると、衝撃の発見が! なんと、ところどころに10円ハゲがあるではありませんか!! 「私はストレスに侵されている!?」。10円ハゲはストレスが原因だと思いました。とはいえ、こまかいストレスは言い始めたらキリがないけれど、ハゲてしまうほどの強烈なストレスは思い当たりません。原因がよくわからないでいるうちに、自分では見えないところにもハゲができ始め、美容師さんにも指摘されるほどになりました。その数5~6カ所。1度見つけると気になって気になって仕方ありません。鏡を見るたびにハゲができていないか確認するようになりました。

さらに悲しいことに、しばらくするとハゲたところから髪の毛が生えてくるのですが、それが見事に白髪なんです! ハゲと白髪の悩みが同時にやってきてしまいました。

髪の毛が抜けるのはホルモンの影響?

某薬品会社のサイトによると、女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、28~35歳をピークに加齢とともに減ってくるそうです。閉経の前後5年くらいの更年期と呼ばれる期間には、エストロゲンが減少することで髪の毛のハリやコシが失われ、髪が細くなったり、本数が減ったり、髪の毛が成長しなかったりで、薄毛を招くようです。

以前は安さや香り重視で選んでいたシャンプーやスタイリング剤。ですが、ハゲと白髪に悩み出してからは、髪の毛に栄養を生き渡せることを意識して、成分や効果を見て商品を選ぶようになりました。また全身の血行を良くすることで頭皮の血の巡りも良くなり、抜け毛の予防につながると聞いたので、血の巡りを良くするために、有酸素運動も始めました。

若々しい髪の毛を保つために

髪のケアについては、ちょっと奮発してオーガニック成分を配合したシャンプー&トリートメントやスタイリング剤を使用し、頭皮に栄養を与えることを心がけました。また、ドライヤーの前にオーガニックオイルを使用するようにしたら、パサつきなどの頭皮トラブルも減り、髪の毛のハリも出てきたように感じます。

プラスで、有酸素運動としてジャザサイズを始めました。ジャザサイズは、カーディオ(心肺の機能を向上させて持久力アップや健康増進を図る有酸素運動)、筋トレ、ピラティス、ヒップホップ、ヨガ、キックボクシングを融合したエクササイズです。流行の音楽にのせて踊るので、楽しく運動することができます。代謝がアップするので、頭皮にも栄養を巡らせることができると考えています。さらに体を動かすことはストレス発散にもなるので、ハゲへの良い効果となりそうです。

まとめ

若いころ、髪の毛の生え際が薄くなっているオバサンや白髪まじりのオバサン、髪の毛がうねっているオバサンを見て、なぜもっときれいにしないんだろうと思っていました。自分はそうならないと思っていたら大間違い。年齢とともに肌を気遣うように、髪の毛にも気遣いが必要なんですね。とはいえ、髪の毛のことを気にすれば気にするほどストレスになり、髪の毛に悪影響を与えてしまうので、あまり気にせずポジティブに生活したいと意識しています。これから加齢が進むと体力が衰え、体調の変化が現れ、悩みも増えるでしょう。マッサージやエステに行ったり、運動量を増やしたりして、髪の毛のためにも明るく健康的な毎日を心がけたいです。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。


髪のお悩みカテゴリの最新記事