デニムを履くだけ! 増えた皮下脂肪を明確化して体型をキープ【体験談】

デニムを履くだけ! 増えた皮下脂肪を明確化して体型をキープ【体験談】

ふと鏡に映る全身を見て目をそらしたことはないでしょうか。アラフォー世代の私には、このようなことがしばしばあります。「いいや、この鏡は膨張して見えるタイプの鏡なのだろう。だから下半身はふくよかで、全体的に丸みを帯びて見えたのよ」。もうこんな自己逃避は卒業したい。そこで、加齢とともに増える皮下脂肪対策として、デニムを活用した体型維持を習慣にしています。

体重からはわからない増殖する皮下脂肪

ヘルスメーターに小まめに乗って、体重を把握しているとダイエット効果があるということは、さまざまなメディアで取り上げられています。私はそれを信じ実践していました。20~30代までは都内に勤務していましたので、百貨店で購入するブランドスーツを愛用していました。アラフォーからアラフィフへとステップアップする年齢の現在は、都内勤務を辞め、在宅ワーカーとして働いています。

スーツとは縁がなくなったとはいえ、なかなか捨てることのできない高価だったスーツを、断捨離で一掃する前に着てみて愕然としました。ジャケットは問題なく着ることができるのですが、スカートのファスナーがしまらない。大きく息を吸っておなかを引っ込め、息を止めてファスナーをどうにか上げきっても、鏡に映した姿はスカートの似合わない姿でした。私は社会人になってから5kgを超える体重の増減がほとんどないにもかかわらず、加齢により皮下脂肪を蓄えてしまっていた現実を突きつけられたのです。

ストレッチ効果のないデニムで現体型を知る

20~30代に愛用していたスカートが皮下脂肪の増殖によって履けなくなった今、思い出したことがありました。テレビでアラフィフの女性モデルが「デニムをときどき履いて体型のチェックをしている。デニムは伸縮しないから、体型が変わったら明白にわかる」と言っていたことを。デニムは経年変化を楽しむという素材です。断捨離をしても、捨てずにクローゼットや洋服ダンスに収められている可能性が多いと思います。

私の場合も同様で、20代のころから愛用しているデニムを今も持っています。ただ、ここ数年は履いていませんでした。そこで久しぶりに以前のデニムを履いてみると、ファスナーが途中までしか上げることができません。デニムを履いてわかったことは、皮下脂肪を確実に蓄えてしまったことと、太ももの筋肉が落ちてしまったことです。女性モデルに習い私も20代のころに愛用していたデニムを、体型の基準値としてときどき履くことにしました。それから2年ほどが経ち、今ではデニムをきつく感じると夕食を少なめにしたり、健康維持のために始めたウォーキングを多めにしたりしています。

体型維持と健康維持が同時に叶いました

私は体型の基準値としているデニムをときどき履いて、皮下脂肪を増やさないようにしています。しかし、本当に皮下脂肪が増えていないのか、減少の傾向にあるのかはCT検査などをしないとわからないことです。医師の指示ではなく体型維持のための皮下脂肪対策としてCT検査を受診すると検査費は自費になりますから、私にはハードルが高い。ですから、ストレッチ効果のないデニムをすんなり履くことのできる体型を維持することをバロメーターとしています。

デニムがきつくなれば、無理のない食事制限をして、無理のない運動をする。この習慣のお陰で、体型はもちろん体力促進につながったように感じています。1日に10km歩いても疲れることはなく、質のいい睡眠を取ることができます。

まとめ

デニムを履くだけという手軽にできる習慣が、私にとっては体型維持だけではなく健康維持もできているという実感があります。若いころと比べて変わるものは体型だけではなく、体力や姿勢、モチベーションも同様です。これらの課題にもきっと、普段の生活に手軽に取り入れることのできる対策があるはずですので、探し続けていきたいと思います。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

体型のお悩みカテゴリの最新記事