「大人の歯列矯正」で物忘れ、肩凝り、腰痛…などアラフィフ不調解消【体験談】

「大人の歯列矯正」で物忘れ、肩凝り、腰痛…などアラフィフ不調解消【体験談】

歯列矯正というと10~20代が主流と思われがちですが、最近では40代以上の大人も歯列矯正をする人が増えているそうです。大人に歯列矯正が必要なのは、加齢によりあごの骨格が変化、歯並びやかみ合わせが変わったり、歯間が狭くなり虫歯になりやすくたるためだそう。6カ月前から歯列矯正をはじめた七田さん(仮名)(56歳)に歯列矯正の実際を聞いてみました。

歯科、形成外科、アンチエイジングの視点で診断

歯列矯正を考え始めたのは5年ほど前。かかりつけの歯科医に歯列矯正をすすめられたのがきっかけです。私のかかりつけの歯科医は歯科と形成外科、アンチエイジングが専門という変わった経歴の持ち主。そのため虫歯の治療もしますが、これから先の長い人生、ずっと自分の歯でごはんを食べられるように、また、歯や舌が原因の病気にかからないように全身の状態も踏まえて治療してくれる先生です。

もともと口の中が狭かった私は、寝ている間に舌がのどのほうに垂れ込み、呼吸しづらいという症状があり、先生にすすめられてマウスピースをはめるように。これだけでもだいぶ眠りが深くなったのを実感していました。

記憶障害、物忘れ、適応能力など加齢による変化も改善

とはいえ、歯列矯正は時間もお金もかかるのは事実。個人差はありますが、歯列矯正期間は2~4年くらい、治療費も90万円ほどが必要です。

ちょうど私が矯正をするかしないかで悩んでいた矢先に飛び込んできたのが、堀ちえみさんの舌がんのニュースでした。実は私も彼女と同じく食事をしていると舌をかむことが多く、口内炎もできやすい……このままでは同じように病気になるんじゃないか。そう考えると怖くて即、歯列矯正を決意、準備に入りました。

CTやレントゲンで歯列、あご、頭蓋骨など骨の状態を検査。歯科医や歯科衛生士が具体的な矯正の内容、器具の取り付け方、今後のスケジュールについて細かく説明してくれました。50歳を過ぎてからの歯列矯正は、虫歯の予防だけでなく、記憶障害、物忘れ、適応能力など加齢により低下しがちな能力を改善することもできることも説明され、もうこれはやるしかないと気持ちは完全に固まりました……。

開始6カ月、体重とコレステロール値に劇的な変化が

歯列矯正の率直な感想を言うと……装着した日は痛くて眠れませんでした(泣)。ただ日ごとに痛みは治まり、1週間で慣れることができました。もちろん装着して数カ月は食べづらさがあり、主食はおかゆ、豆腐など。麺類は矯正器具に挟まるのでダメなのですが、うどんは細かく切ってクタクタになるまで煮れば食べられました。野菜はかめないので食べられず、青汁で補給。ほかにも流動食やゼリーなどを主に食べていました。

ところが幸か不幸か食生活が劇的に変わったおかげで、歯列矯正を始めて半年で6㎏のダイエットに成功。ほかにも健康診断で高めだったコレステロールの数値が改善、肩凝りや骨格のゆがみからくる腰痛なども軽減し、良いことづくめが続いています。

ただ、いまだに話しにくいので仕事で営業するときに支障を来していますが、舌の使い方のコツをつかめば、うまく話せるようになるそうです。美容という面で歯列矯正をする人も多いですが、50歳を過ぎたら自分の体を正常に保つために歯並びを専門家に診てもらうのもアリだと思いました。

まとめ

大人の歯列矯正は虫歯予防だけでなく、記憶障害、物忘れ、適応能力など加齢により低下しつつある力を改善する効果もあるのだとか。ある程度の期間と費用が必要でしたが、6㎏の減量やコレステロール値の改善、肩凝りや腰痛の軽減もできたで歯列矯正してよかったなと思います。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

生活・その他カテゴリの最新記事