45歳のシミ・そばかす、本気で向きあい全消ししたら家族も変わった!【体験談】

45歳のシミ・そばかす、本気で向きあい全消ししたら家族も変わった!【体験談】

20代は外回りの営業、30代は子どもと公園を駆け回る日々。「日焼け対策」なんてどこ吹く風と無頓着だったため、40代はそのツケが! 見事なシミ・そばかすに悩まされるハメになりました。そんなある日、近所の総合病院に子どもを連れて行った際に目に留まったのは、「美容皮膚科で悩みを解決しませんか?」の貼り紙でした。

初めてのレーザー治療。その施術内容とは

待合室に貼られていた美容皮膚科が新設されるという貼り紙。私、それにピン!と来たんです。早速、予約を取ってカウンセリングを受けました。担当してくれたのは美意識の高い女医さんで、私の顔をまじまじとのぞき込み、「これはひどいですね。でも、キレイになりますよ」と言って、レーザー治療の説明をしてくれました。

一言で「レーザー治療」と言っても、方法はいろいろありました。痛みは大きいけれど効果が高く短期間で終わるもの、痛みは少ないけれど効果が現れるまで長期間かかるのものなど。私のシミは広範囲にあって色素が濃かったので、先生は効果が高いほうを選んでくれました。子どもの卒業式を4カ月後に控えていたので、短期間で終わるのも私にはちょうどよかったです。

いよいよ施術当日。顔全体の写真を撮り、洗顔。目にカバーを付け、照射開始。顔を輪ゴムで弾かれているような痛みが10分程度続きました。頬のほぼ全体に照射したので、かなり痛かったですが、ガマン、ガマン。最後に、照射した部分に炎症止めの軟膏を塗って終了しました。軟膏でテカテカ、顔全体が熱を持ったような感じ。価格は50,000円でした。

治療後に注意したこととは…

シミ・そばかすは翌日から一つひとつが赤くなり、その後、1週間かけて黒くなっていきました。3日後、再来院して肌の様子を診てもらうと、問題はなく経過は順調。この1週間は、外出するのがとても恥ずかしかったです。帽子をかぶり、マスクをつけて、会う人ごとにレーザー治療したことを説明していました。ただ、ただ、キレイになることを信じて過ごした日々でした。

その間に特に注意したのは洗顔です。「ごしごし洗って、かさぶたを無理にはがすことがないように」と先生から言われていたので、気を遣って洗顔していました。2週間ほどするとシミ・そばかす部分にできたかさぶたが徐々にはがれていき、「ここにシミがあったの?」というくらいきれいになりました。

その後、先生から提案されたのは3カ月後、今回取り切れなかったものを再度レーザーの出力を弱くして再照射するという処置です。私は再度の施術を決意。初回より出力が弱かったので、痛みは3分の1程度に感じました。価格は30,000円。

肌がみるみるうちにきれいに!相乗効果も!

初回のカウンセリング時の画像と2回の施術後の画像を比べてみると、一目瞭然!! シミ・そばかすがなくなり、肌もワントーン明るくなりました。それまでは、シミ・そばかすを隠すためにファンデーションを厚塗りしたり、シミ・そばかすに効果があるという高い基礎化粧品などを試したりするなど、あれこれと試行錯誤していました。けれども、残念ながらどれも効果は感じられず。ところが、施術後は薄化粧になり、美容皮膚科で処方されるビタミンC入りの化粧水(100ml・3,000円)や先生おすすめの乳液などを使用するようになったので、コストも抑えられるようになりました。

なんといっても、肌が乾燥知らずで安定した状態になったのがうれしい! シミ・そばかすを隠すために長く伸ばしていた髪もショートカットにし、上を向いて歩けるようになりました。夫は、「5歳は若返ったね」と言ってくれました。高校生の娘は、私に普段から平気で傷つくことを言いますが、「顔のブツブツがなくなっていい感じになったね」と好評です。参観日も必ず来て欲しいと言われるようになりました。その娘、そばかすが多かったので最近私と同じ処置をしてもらいました。

まとめ

子育てが少し落ち着いて、自分のことにお金を使ってもいいかなと思えるタイミングで出合えた「美容皮膚科」。美容皮膚科はレーザー治療など敷居が高いと感じていましたが、思い切って予約・受診でき、実際に肌がきれいになると、もっと早く行っておけばよかったと思うくらいです。美への意識が高まり、健康にも気を付けるようになったのも大きな収穫でした。最近では、皮膚に化学薬品を塗り、皮膚をはがすことで治療をおこなうケミカルピーリングや、水流を利用してピーリングをおこなう治療のハイドラフェイシャルなど、定期的にメンテナンスをおこなうことで肌の老化を少しでも遅らせる努力をしています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

あるある!と思わず共感&読めば心が軽くなる!!大人気マンガ連載中!

大人気マンガ連載中 大人気マンガ連載中
  • 腎がんの記録をつづる
    43歳で腎がんになった話
    3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガ連載「43歳で腎がんになった話」
    マメ子 さん
  • 孫ラブおばちゃん
    五十路日和
    夫と2人暮らし。3児の母で、6歳の孫を溺愛中のおーちゃんさんによる50代の日常をつづるマンガ連載「五十路日和」
    おーちゃん さん
  • 日々、老化を実感中!
    熟女系
    物忘れがひどくなってきた40代熟女のフワリーさんによるマンガ連載「熟女系」
    フワリー さん
  • ステキなおばあちゃんを目指す!
    ときめけ!BBA塾
    マンガ家・イラストレーターの和田フミ江さんがステキなおばあちゃんを目指すマンガ連載「ときめけ!BBA塾(ばばあじゅく)」
    和田フミ江 さん
  • クスッと笑えるアラフィフのリアル
    アラフィフの日常
    イラストレーター&漫画家のフカザワナオコさんによる、アラフィフ女子の日常についてのマンガ連載「アラフィフの日常」
    フカザワナオコ さん
  • アラフィフ母の日常
    生まれて半世紀
    気付けば生まれてから半世紀が過ぎてしまった、エッセイマンガ家の月野まるさんによる連載マンガ「生まれて半世紀」
    月野まる さん
  • 若いころとのギャップが!
    アラフォー絵日記
    アラフォーとなり20代、30代との違いを実感する日々をつづったマンガ連載「アラフォー絵日記」
    村澤綾香 さん
  • アラフィフの身に起こること
    アラフィフ雑記帳
    アラフィフ母の身に起こる日常を絵日記にして紹介するマンガ連載「アラフィフ雑記帳」
    フィフママ さん
  • ポンコツな40代の日常
    40代ポンコツ街道
    ブロガー時々イラストレーターの中村こてつさんによる、加齢で加速するポンコツな日常を描く連載マンガ「40代ポンコツ街道」
    中村こてつ さん
  • 更年期のもろもろをゆる~くつづる
    脱力系ゆる更年期日記
    更年期イラストレーターのやましたともこさんによる、更年期のもろもろをゆる~くつづったマンガ連載「脱力系ゆる更年期日記」
    やましたともこ さん
  • くそ地味だけどハッピーな日々
    くそ地味系40代独身女子
    30代半ばで離婚して実家に出戻りした、40代独身マンガ家の大日野カルコさんによるマンガ連載「くそ地味系40代独身女子」
    大日野カルコ さん
  • アラフォーならではのあるある!
    アラフォー店長のつぶやき
    雑貨店で店長として働くオムニウッチーさんがつづるアラフォー女子ならではのあるあるマンガ連載「アラフォー店長のつぶやき」
    オムニウッチー さん
  • 36歳でチアダンス講師に!
    44歳チアリーダー
    イラストレーターであり、チアダンスの講師でもあるサトウユカさんによる元気になるマンガ連載「44歳チアリーダー!」
    サトウユカ さん
  • こじらせ女子がアラフォー婚
    アラフォー女子が10年ぶりに恋をした
    エッセイマンガ家のかとひとさん。恋愛こじらせアラフォー女子のかとひとさんが結婚するまでのマンガ連載。
    かとひと さん
  • 彼氏なし!アラフォー独身女子
    アラフォーオタク女子
    自称、永遠の中二病オタク、彼氏なしのアラフォー独身女子のコメコパンさんによるマンガ連載「アラフォーオタク女子」
    コメコパン さん
  • 体のあちこち気になるお年ごろ
    ナナイロのアラフォー
    体のあちこちが気になるようになってきたイラストレーターのナナイロペリカンさんによるマンガ連載「ナナイロのアラフォー」
    ナナイロペリカン さん
  • アラフォーならではのアレコレ
    アラフォーだもの
    体力の衰えがシャレにならないエッセイマンガ家&イラストレーターの小豆だるまさんがつづるマンガ連載「アラフォーだもの」
    小豆だるま さん
  • 40代の日々をつづる
    40代ダイアリー
    13歳&9歳子鉄兄弟の母で、日々のささいなできごとなどをマンガにしている山田黒蜜さんのマンガ連載「40代ダイアリ
    山田黒蜜 さん

肌のお悩みカテゴリの最新記事