超時短スキンケアで潤い不足だった年齢肌に変化が!【体験談】

超時短スキンケアで潤い不足だった年齢肌に変化が!【体験談】

若いころはつややかでハリがあった肌も、アラフィフの今は乾燥やシミ、毛穴の開き、たるみ、頬がこけるといった肌が抱える問題がたくさん。鏡を見るたびにがっかりしていました。しかし、スキンケアにあるものを取り入れたところ、シンプルケアにもかかわらず、肌にうれしい変化が現れました。

女医さんのスキンケアがヒントに

ある日テレビを観ていると、肌がキレイな女医さんが出ていました。年齢はアラフィフ前後だったと思います。その女医さんは、顔に椿油を塗ってお手入れしていると言っていました。椿油といえば、髪につけるものだと思い込んでいたので驚いたものの、自分もオイルでフェイスケアをしてみたくなりました。椿油ならドラッグストアで手に入る可能性もあり、価格もお手ごろで60mlあたり約1,400円で販売されています。

オイルでお財布にもやさしいフェイスケア

オイルを使ったフェイスケアを始めてから、米ぬか油、アプリコットカーネルオイル、ブレンドされたオイルなど、さまざまなオイルを試してきました。オイルを買うときは、ネットショッピングを活用しています。決まったオイルを使い続けるわけではなく、そのときに見つけた最安値のものを買っています。ネットで探せば100mlあたり1,000円前後の商品が見つかります。100mlで数カ月間使えるし、安いからといって肌トラブルもありません。

肌にハリが戻ってきた!オイルの効果とは

洗顔後に100円玉大のオイルを顔に塗るだけの簡単スキンケアを開始したところ、肌にハリが戻ってきました。吹き出物も出ないし、シワや毛穴も目立たなくなり、オイルを使ってからシミが増えたと感じることもないです。オイルを塗った後、ファンデーションは使わず、日焼け止めを塗ります。ほかのスキンケア製品だと、日焼け止めを重ね塗りしたときに付けたものがポロポロとはがれ落ちてしまうことも。でも、オイルだと日焼け止めとなじむので、そんなことはありません。オイルなので肌がテカって見えますが、自分の中では許容範囲。オールインワンだと塗っても数時間後に肌がひどく乾燥していたりしますが、オイルは冬でも長時間潤っているのを感じます。

物によってテクスチャーはさまざまで、サラサラで伸びが良いもの、トロリとしていてベタつきがあるものがあります。オイルは肌にたたき込んだりする必要がなく、肌にスーッと軽くのせるだけで完成なので、スキンケアがあっという間に終わります。

まとめ

夜、塗るときに少しベタつき感があっても、朝はプルンッとハリがあるほうが私にとっては絶対イイ! 私の場合、肌がみずみずしくふっくらする感覚は、オイルでないと味わえません。オイルを使ったフェイスケアは、乾燥を感じているアラフィフの方なら少しずつでもサラッとするだけでなくしっかり潤すほうにシフトしていけると、いい感じの肌になると思います。今は保湿と美白が同時にできるオイルなども発売しているので、いろいろと自分の肌に合ったオイルを試していきたいと思います。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

肌のお悩みカテゴリの最新記事