え、老眼って隠すもの!?おしゃれな老眼鏡で楽しみたい!【体験談】

え、老眼って隠すもの!?おしゃれな老眼鏡で楽しみたい!【体験談】

子どものころからアラフォー前半まで視力はずっと両眼1.5をキープしていた私ですが、加齢は容赦なく、徐々に手もとが見づらくなってきました。眼鏡にあこがれのあった私は「これで私もメガネ女子!」と張り切って眼科に行き、処方せんをいただいて眼鏡店へ。気に入った眼鏡をゲットして意気揚々としていましたが、友人らは見えづらいと言いながら眼鏡をしていません。どうやら世間では老眼は隠すものらしい。どうしてなの?

これってやっぱり老眼?

私が中学生のころ、父が初めて眼鏡をかけたことを覚えています。わが家ではそれまでだれも眼鏡をかけていなかったので眼鏡そのものが珍しく、父のそばに子どもたちが群がり、興奮状態で見せてもらっていました。当時父は40代。「アラフォーになったら老眼鏡をかけるもの」という刷り込みができていた私は、いつか自分も眼鏡をかける日が来るのをとても楽しみにしていました。

特に目を使い過ぎることなどなく過ごしてきましたが、やはりその日はやってきました! 47~48歳のとき、新聞の字が読みづらくなってきたことに気が付いたのです。スマホで文字を読むときは、画面を拡大して読んでいました。

老眼になって念願の初眼鏡!

いよいよ私もメガネ女子デビュー! とうれしくなって眼科を受診し、処方せんをいただいて眼鏡店へ直行しました。最近は「老眼鏡」のことを「リーディンググラス」と言うのだとか。フレームにもいろいろな種類があって色や形、素材も豊富です。おしゃれなだけでなく、軽量だったり壊れにくかったりと機能にもこだわったものがそろっています。あれこれと試しては鏡を見て、楽しみながら眼鏡を選びました。翌日、仕上がった眼鏡をかけて新聞を読むと、文字がハッキリと見え、ストレスなく読むことができました。初めての眼鏡ということで眼科の先生がやや緩めの度数の処方せんを出してくれたおかげか、眼鏡をかけて新聞を読んだ後の疲れもあまりありませんでした。

みんなどうして老眼を隠しているの?

それからは、外出時には必ず眼鏡を持ち歩いていました。ちょっと荷物は多くなってしまうけれど、電車で本を読むので必要ですし、お店で買い物をするときにも眼鏡があればパッケージの文字が読みやすくなります。

でも……同年代の友人とのランチ会でのこと。みんな目を細めながらメニューを見ているのに、だれも眼鏡を取り出しません。「最近、字が読みづらくなってきたよねー」などと言いながらも、眼鏡なしで読もうとしています。「眼鏡、持ってないの?」と聞いてみると、「持っているけど、老眼だとバレたくないから家に置いてきているの」とのこと。老眼を隠したいという人は多いのかな……。軽くショックを受けてしまいました。

まとめ

眼鏡をかけたほうが字が読みやすく目の疲労も少ないので、他人の視線は気にしないことにして、老眼だとバレようが構わずに眼鏡をかけています。先日、いつも持ち歩いている眼鏡ケースの留め具が壊れてしまったので、買い替えることにしました。絵本作家が好きな私は、せなけいこさんの絵本のキャラクターが描かれた眼鏡ケースを見つけ、購入しました。そしてやはり、どこにでも眼鏡を持って行っています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

目のお悩みカテゴリの最新記事