これって更年期?私がつらい症状を克服できた理由【体験談】

これって更年期?私がつらい症状を克服できた理由【体験談】

だんだん歳を重ねることに伴う体力の衰えとかは納得できます。でも、「それって更年期じゃないの?」と言われると少し悲しくなります。「まだまだ若いのに」と思っているせいだと思いますが、50歳を過ぎたころのできごとには本当に更年期であることを実感させられました。私が体験したのは今まで経験したことのない「半端ないだるさ」です。でも、乗り越えることができたんです。そんなつらい症状をどうやって克服したのかをお話しします。

動きたいのに動けない!?突然の重力

「半端ないだるさ」を初めて経験したのは、50歳を過ぎた夏の終わりごろです。私の仕事は外での作業が多いので、夏の季節は特にばててしまいます。でも、そのときはいつもの「ばて」と全然違っていて、仕事中にもかかわらず倒れてしまい、その後しばらくは起き上がれなくなってしまいました。まるで体が鉛になったように、手を動かすことにも抵抗があるくらいでした。でも、働かなくてはいけないと必死に自分に言い聞かせて、無理やり体を起こして仕事をしたのを覚えています。

だるくて仕方がなく、夕飯の準備もできません。リビングのソファに寝そべったまま家族に謝るしかできませんでした。脱水症状を疑って水分を摂るなどしましたが、少しだけ気分が紛れただけであまり変わりはありません。怠けているんじゃないかと思われることが嫌でした。そして、いつもくたびれている「お母さんの姿」も子どもに見せたくありませんでした。そんなだるさは何日も続くときもありますが、数日に1回というときもあります。こうなる理由もわからず、かといって病院に行くのもなんだか気が引けます。そしてあるとき、ふと思ったことがありました。

これが更年期症状?受け入れたくなかった私

「これって、更年期のせいじゃないの?」。更年期の時期は、人によってまちまちだと思いますが、私が更年期に突入するのはもっと先のことだと思っていました。でも、生理が終わった時期から少しずつ体調に変化があり、自分も更年期になってもおかしくないんだと思うようになりました。でも、変なプライドが邪魔をして、そのことをとても受け止められませんでした。別に変な汗はかかないし、イライラも特にありません。鉛のように重くなった感じがするだけです。

どうにか対処したいので、いろいろとネットで調べてみました。更年期症状は、急なのぼせや冷え、肩こりなどたくさんあることがわかりました。そして、私のようなだるさも症状であることがわかりました。そんな症状を理解した途端、変なプライドも吹っ切れて、「じゃあ、しょうがないな」と思うようになりました。

私がつらい症状を乗り越えられた訳

あれから1年以上経ちますが、本当にたまにだるくなるくらいで今は元気に過ごしています。それは、やはり家族のおかげでもあります。しんどいとき、家族みんなが助けてくれました。夕飯もお風呂掃除も家族が分担してやってくれました(ほとんど夫がしてくれましたけど)。

「すぐしんどいって言うから、もう聞きたくない」と娘に言われていたので、なるべく我慢していました。でも、今は私のつらさを家族が認めてくれたおかげで気がラクになり、だるくなって起きられない日も少しずつ減っていきました。また、つらくても頑張ろうという気持ちが大きくなって、少し休めたら少し動く、だるくなったらまた休むというふうに頑張り過ぎないようにしました。更年期なんていつまでも続くわけがないし、一生に比べたらほんの一時でしかない。更年期に比べたら出産のほうが何倍もつらかったことを思い出したら、どうってことないことだと気付きました。

まとめ

私は50歳前あたりから生理も不安定になり、誕生日を過ぎたころにとてつもないだるさを覚えました。人には伝わらないしんどさですが、家族の理解と協力で乗り切ることができました。また、夫や子どもたちが家事をしている姿を見るのもなんだかうれしかったです。それから少しだけですが、家族が私にやさしくなったような気もします。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

更年期のお悩みカテゴリの最新記事