長年続く「ホットフラッシュ」の症状と私の対処法【体験談】

長年続く「ホットフラッシュ」の症状と私の対処法【体験談】

私は顔が急に熱くなることが頻繁にあります。46歳のときから始まり、53歳の今もその症状は続いているのですが、特に体調が悪くなることはありません。ですが、人に見られると恥ずかしいと思うことがあります。そんな私のホットフラッシュの体験をお話ししたいと思います。

46歳で初めて体験した「火照り」症状

46歳のとき、引っ越しとともに会社を退職し、近くのレストランにパートとして働くことになりました。私の担当は調理場で、そこには大きな窯があり、その前で作業をすることがほとんどでした。窯の前にいるだけではそうでもないのですが、窯の扉を開けるとかなりの暑さになります。

作ったピザを窯で焼くという作業の繰り返しなのですが、仕事が終わり家に着いて鏡を見ると、顔が真っ赤なことに気付きました。「そんなに暑かったっけ?」と自覚はありませんでした。ですが、毎日そのような状態だったようで、店長から何度も心配されました。それが最初の症状だったのですが、それからは太陽に当たる場所や密室、車の運転中は特に火照り、それが数時間も続く状態が続きました。

急に始まった「ホットフラッシュ」の原因は?

私の場合、顔全体が火照って真っ赤になるだけで、汗をかいたり動悸がするなどの症状はありません。ただ、顔が真っ赤になるので周りからはいつも「大丈夫?」と心配されることが多く、それを申し訳なく思うので、「大丈夫!」と元気よく答えることにしています。

更年期の情報が載っているサイトで調べてみたところ、ホットフラッシュは女性ホルモンの一つであるエストロゲンが減少したことによって起こる自律神経の乱れが原因のようです。そして、血管の収縮と拡張のコントロールがうまくできずに起きる症状だということもわかりました。また、ホットフラッシュの症状を経験する人は60%くらいで、そのうち10%くらいの人が重症になると書かれていました。私はホットフラッシュが起きたときには火照る以外の不快な症状は一切なく、ただ顔が熱いと思うくらいなので、とても軽いほうだと思います。

強い火照り症状が出るのは運転中!?

顔が火照る症状が出始めたのは46歳くらいからですが、そう考えるともう5年以上この症状が出ていることになります。症状が出るときのタイミングは、やはり暑い場所にずっといるときが多いです。具体的には、天気の良い日に屋外で過ごしているときは、いつも症状が出ていたと思います。

一番強く症状が出ていると感じるのは、車を運転しているときです。特に長距離を運転しているときに起こり、運転を止めて車を降りても数時間は火照っています。車に乗って少し走るともう顔が火照ってくるのですが、首から上が火照っているだけで、体はというとなんともないのが実状です。ですが、手は温かいときが多いように思えます。車に乗っている際に症状が出るのは、自分で車を運転しているときだけです。長時間助手席に座っていても症状は感じずなんともないので、自分でもとても不思議に感じています。

まとめ

更年期の症状だとも言われる「ホットフラッシュ」は、のぼせ、火照り、発汗など多くの症状があると聞きます。私の場合は顔が真っ赤に火照る程度でほかに症状もなく、軽症のようです。ですが、その症状は数時間も続き、いつまでも顔が熱いので少し不快には感じます。

私なりに考えた症状を軽減する方法として、冷水で手を洗うことや涼しい場所へ移動するなどのことを実施しています。それらのことをすると、比較的早く治まっていきます。今も症状はあるので、この対処法をうまく利用して過ごしやすくしていけたらと思っています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

更年期のお悩みカテゴリの最新記事