よく眠れない!プレ更年期の睡眠の悩みが減ったある方法とは?【体験談】

よく眠れない!プレ更年期の睡眠の悩みが減ったある方法とは?【体験談】

私にとって睡眠は心や体の健康に影響する大事な要素の一つです。そんな大切な睡眠がうまく取れずに悩まされるようになったのが、ちょうど40歳を過ぎたころでした。これまで看護師として不規則な生活をしていたので、多少の睡眠不足は平気でした。

しかし、原因もわからず規則的な生活をしているのに寝付きが悪くなったりよく寝たという熟眠感がなくなってしまったりすると、体にも結構こたえました。でも、このよく眠れない状態がプレ更年期症状の一つかもしれないと気付いてからは、以前より増して生活に気を付け、夜間しっかりと睡眠が取れるようになり、今ではだいぶ夜の寝付きの悪さや熟眠感が得られないということは減ってきたと思います。今回はプレ更年期症状として現れた睡眠の悩みに対処する方法を体験談としてまとめました。

40歳になって急に夜眠れなくなった!これってプレ更年期?

私が「夜、あまりよく眠れなくなった」と感じるようになったのは40歳のころです。これまで看護師として病院に勤め、夜勤もこなしていたので、多少の睡眠リズムの変化があっても平気だったのに、ちょうど40歳を過ぎたころから急に夜の睡眠の質が下がり始めました。一番感じたのは眠りが浅く、朝起きても「よく寝た!」と感じることが少なくなったことです。熟睡したという感覚がないと日中もどこか眠気があり、仕事も思うように進まないことも多くなりました。

早く眠るようにしたり、夜間にトイレで起きないよう夕方から水分をほどほどに摂取するようにしたりしても、なかなか改善できずにいたころ、インターネットで「プレ更年期」についての記事を見ました。そこには「ぐっすり眠れない」こともプレ更年期の症状の一つとして書かれていたのです。そこでやっと「眠りにくかったのは、もしかしたらプレ更年期かも……」と気付くことになりました。更年期症状の知識はあったものの、まさか自分がプレ更年期症状が出ているとは思いませんでした。ですが、やっとなぜ40歳を過ぎて眠りにくくなったのかがわかり、ホッとしたのを覚えています。

睡眠不足がつらい…でも原因を理解したら気持ちもラクに

夜、なぜ深い眠りが取れなくなったのか、その原因の一つにプレ更年期に起こるホルモンの分泌の変化があるのかもしれないと気付いたら、急に気持ちがラクになったのを覚えています。更年期には女性ホルモンの増減の幅が大きくなり、それがスムーズな睡眠を促す「セロトニン 」というホルモンの増減や調整にも影響を及ぼすと言われています。

私の場合も40歳になり、これまでとは異なる女性ホルモンの分泌の変化から、睡眠を促すセロトニンの分泌にも影響して、睡眠の悩みが起こりやすくなっていたのだと思うと、なんだか安心しました。原因がわかれば、あとはそれに対処するだけです。そこで私は睡眠の悩みを改善する生活の工夫に取り組み始めました。

40歳、夜間眠れず苦しんだ私が実践した睡眠改善法とは

私が実践した対処法は次の通りです。

夕方以降カフェインを摂取しない

カフェインが含まれているコーヒーや紅茶、緑茶などを午後2時以降に摂取するのをやめました。なぜならカフェインは睡眠を邪魔する成分としてよく知られており、一度カフェイン を摂ると体の中で摂取した半分の量まで代謝されるまで4〜6時間かかると言われているからです。それ以降も体内に多少残ることを考えて、カフェインが睡眠を邪魔しないように夕方以降は摂らないようにしています。すると、少なくともなかなか寝付けないということは少なくなってきました。

寝る前にスマホやPCはを触らない

スマホやPC画面から出るブルーライトは体内時計を狂わせてしまうことでも知られています。そのため、寝る前の1〜2時間前からスマホやPC画面を見ずに過ごして、頭に余計な刺激を入れないようにしています。なかなかスマホやPCから離れるのは難しいですが、これをするだけでも夜間の睡眠の質はだいぶ変わってきたと感じています。

以上が、私が睡眠の悩みを改善するために試していることです。夜間の眠りも深くなり、朝の目覚めも良くなってきたと思います。

まとめ

夜間うまく眠れないことを経験したことで、睡眠の大切さにも気付くことができ、今では睡眠の悩みを改善する工夫をしてだいぶよく眠れるようになりました。心配なことや不安なことがあると時々よく眠れないこともありますが、眠れないことに焦ることなく、良い睡眠が取れるよう工夫を続けていきたいと思います。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

更年期のお悩みカテゴリの最新記事