徐々に増えていく抜け毛!実は更年期障害の症状だった【体験談】

徐々に増えていく抜け毛!実は更年期障害の症状だった【体験談】

季節の変わり目や出産後など、抜け毛が多くなることが今までにもありましたが、それは一時的なものでした。しかし、今回の私の抜け毛は一向に回復せず、その量も異常に多く、ほかの人が前から見ても頭皮が透けて見えるほどに。

薄毛対策を今までしたことがなく、初めての体験でかなりショックを受けました。そこで、婦人科を受診してみたことにより、それが更年期障害の症状であると判明しました。ここでは抜け毛が更年期障害の症状の1つであると判明した私の体験談をお話しします。

浴室にゴルフボール大の抜け毛

きっかけは、新しく浴室に設置した排水口の毛取りネットでした。はめ込み式でよく髪の毛が取れると友だちに聞き、わが家の排水口にも取り入れてみよう!と軽い気持ちで設置。入浴後、「どれくらい取れているのかしら?」とウキウキして取り出してみたところ、ゴルフボール大の抜け毛がこんもり。まさか最初からこんなに取れるとは思ってもいませんでした。毛取りネットの威力にうれしく思いましたが、同時に抜け毛の量にもショック。

最初は、家族の抜け毛に違いないと思い込むようにしていました。しかし、自分の枕に付いている髪の毛の長さや色を見ると、私の髪の毛ではないかという疑問が出てきました。そこで今度は自分だけがお風呂に先に入り、試してみることに。結果は、またもやゴルフボール大の抜け毛でした。ここまで来ると、明らかに増えた抜け毛の量に不安が襲ってきました。

抜け毛は一時的ではなかった!

抜け毛は、過去にも経験がありました。出産後や授乳中は髪の毛が抜けましたし、季節の変わり目や仕事のストレスで抜け毛が増えることも。しかし、これらはすべて一時的なもので、また一気に髪の毛が生えてきたものでした。ですが、今回の抜け毛は徐々に増えていき、頭皮の地肌が見えるほど薄くなってしまうほどに。夫や子どもたちも急激な私の髪の毛の変化になんと声を掛けたらいいのか戸惑っているようでした。

ほかの人からも私の急激な抜け毛の変化に指摘されるほどひどくなると、毎日髪の毛が抜けてしまう恐怖に外出も怖くなり、人に会うのもちゅうちょし、仕事以外は引きこもるようになりました。さらに浴室だけでなく、洗面所、ベッドやリビングの床まで至る所に落ちている私の抜け毛。それを見つけるたびにショックを受け、真剣にウィッグの購入まで考えていました。

婦人科での診断で抜け毛の原因が明らかに

実は抜け毛以外にも、発汗・イライラ・不安定な感情などさまざまな症状が出ており、何かの病気ではないかと真剣に悩んでいる時期でした。けれどもネットなどでは更年期は45歳からと書いてあるので、自分自身では更年期ではないと思っていました。そうは言ってもやはり心配ですので、婦人科を受診してみることに。出産と子どもの定期健診以来、婦人科には行っていなかったので、さまざまな検査をすることになりました。

問診や一般的な血液検査、排卵日前後のホルモン量の時間的変化を調べる検査などをした結果、診断されたのは軽度の更年期障害でした。医師が言うには、更年期障害の年齢も45歳からと厳密に決まっているわけではなく、誤差があり私の場合には早く始まってしまったようでした。更年期障害になると、女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減ってしまうそうです。エストロゲンは髪の毛のツヤや成長を促すので、エストロゲンの急激な減少により、異常な抜け毛の促進にもつながったということでした。

抜け毛はその後、医師からすすめられた大豆イソフラボン活性代謝物サプリメント「エクオール」や自分でも調べて実践してみた食事療法、豆乳せっけんやナイトキャップの使用などによるヘアケアの相乗効果により、驚くほど少なくなりました。

まとめ

ささいなきっかけから気になり始めた抜け毛。私も出産などでは一時的な抜け毛は体験しました。しかし、軽度の更年期障害による抜け毛は、その量や頻度が異なりました。私は抜け毛の恐怖からいろいろな病気を疑ってしまい、婦人科に行くのをちゅうちょし、自宅に引きこもり早めに受診しなかったことを心から悔やんでいます。

個人的な感想ですが、もっと早くに婦人科に行っていたら、きっと抜け毛も今より少ない量で防げたかもしれないと思っています。これからも加齢とともに抜け毛はあると思いますが、自分なりにうまく付き合っていきたいと思っています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

髪のお悩みカテゴリの最新記事