傷や傷あとが治らない!悩むアラフォーが治療薬を塗ってみた【体験談】

傷や傷あとが治らない!悩むアラフォーが治療薬を塗ってみた【体験談】

「あれ? これなんの傷?」。なんのけがだったのか覚えていないくらい古い傷あと。傷あとって1年くらいで消えるものではなかったかしら。こんなに治らないものだったかしら……。

そういえば、最近ボディケアもサボり気味。改めて全身をチェックすると、じっくり見ることの少なかったひざ下にたくさんの古傷! どうやったらこの手強そうな傷あとが治るのか!?  調べて実践してみました。 

これも老化なの? 思い出せない古い傷あとがいっぱい!

ある日、ふと手を見て気付きました。「これ、いつの傷だろう……」。手の甲の真ん中あたりに2cmくらいの赤茶色の傷あとがあるのです。割と大きな傷あとなのにいつ切ったのかも、理由もさっぱり思い出せません。それならとひざ下のふくらはぎ辺りをチェックしてみて、自分の体ながら改めてびっくり。大小、濃淡さまざまなたくさんの治り切っていない傷と傷あとがあるではありませんか。

治り切っていない傷で多いのは虫刺されと、飼い猫がじゃれついた爪あとらしきもの。傷あとで大きいのは、年がいもなく転んだときのもの。あれは3年前の運動会のはず……。え、3年前の傷がまだこんなに色濃く残っているなんて……。丁寧なボディケアなんてここ数年怠っていたとはいえ、それにしても長く残り過ぎではないかしら。治った傷も茶色いシミのようになっていて、消えていきそうな様子ではないのも気になります。私は不思議に思いました。子どものときは転んだ傷も虫刺されもすぐに消えていたのに。これも老化なのかしら、と。

老化で傷あとが残りやすくなる理由を調べてみた

ネットで調べてみたところ、予感は的中。傷が治らないのは肌老化のサインであるとのことでした。肌に傷を負った状態とは、皮膚の組織が壊れた状態。人間の体はけがをしても再生機能があるそうなのですが、その能力が加齢とともに低下し、傷が治るまでに時間がかかるというのです。

さらに、年齢を問わず傷が治るときに色素細胞が刺激され、メラニン色素によって色素沈着が起こることがあるそうなのですが、加齢により肌の新陳代謝が落ちると沈着した色素の吸収が遅くなり、いつまでも傷あとが残るのだそう。また傷あとになってしまったところは保湿、血行促進、抗炎症の作用があるヘパリン類似物質が含まれた外用薬を使用すると良いとありました。

助けて「ヘパリン類似物質」!

ヘパリン類似物質が入った治療薬は皮膚科でも処方はしてもらえるそうですが、私は町中の薬局で買いました。オンラインでも売っていました。私が選んだのは「メンソレータム アトキュア」。ビタミンA配合でゴワついた肌のターンオーバーを助けると書いてあったので、自分にぴったりだと思いました。ひざ下の傷あとのところを触ってみると、ゴワゴワ感があったからです。

さて、現在使用を始めて数週間。結果はというと、まだ傷あとの色が薄くなったようには思えません。でも、かさついて少し盛り上がって硬くなっていた皮膚が滑らかになって、柔らかく周囲の皮膚になじんだように感じました。健康な皮膚らしさを少し取り戻したように見えます。それだけでも遠目に見たときに、傷あとの痛々しさは目立たなくなったように思いました。健康な皮膚になったら、ターンオーバーも正常になり、色素沈着も薄くなるかもしれないと感じました。

まとめ

子どものころは傷がすぐに治っていたのに、ふと気付いたらひざ下は治り切らない傷や傷あとだらけ。慌てて調べてみると、傷がなかなか治らなかったり、あとが残ったりするのは、肌の再生機能やターンオーバーの老化が理由のようでした。「ヘパリン類似物質」の効果は、まだ数週間なのではっきりわかりません。ただ、すぐに色素沈着は薄くなってはいないものの、肌が滑らかに健康になるような印象はあります。これは少しずつ治るかもしれないと、期待が持てるものでした。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

肌のお悩みカテゴリの最新記事