いくら寝ても眠い更年期の疲れ。とあるサプリメントで元気になった!【体験談】

いくら寝ても眠い更年期の疲れ。とあるサプリメントで元気になった!【体験談】

40代になってから、年々、疲れがたまる一方でした。独身のころはひたすら眠ることでどうにか体力を回復していたものの、45歳で結婚をしてからは以前ほどの睡眠が取れなくなり、疲労度は増すばかり。「こんな調子では50代になったら働けなくなってしまう……」と焦りと不安を感じていた私ですが、エクオールのサプリメントを飲むことで疲れを改善することができました。

更年期症状とは無縁だと思っていた

30代のときに左卵巣に皮様嚢腫(ひようのうしゅ)という良性の腫瘍が見つかりました。嚢腫の中には歯や毛髪などが入っていて、医師いわく「『ブラックジャック』のピノコみたいなもの」だそうです。皮様嚢腫の治療の一環で低用量ピルを服用していましたが、私がお世話になっている婦人科は「45歳以上には低用量ピルを処方しない」という方針だそうで、代わりに別のホルモン補充療法を受けています。

40代半ばを過ぎてから、同年代の友人たちと集まると「最近、暑くもないのに汗をかく」「理由もないのにイライラする」といった更年期症状にまつわる話題がのぼるようになりました。ただ、私はみんなが話しているような症状はなく、長年、女性ホルモンに関する治療を受けていることもあり、更年期症状とは無縁だと思っていました。

蓄積する一方の疲れは更年期症状かも

一方、私が40歳を過ぎたころから悩んでいるのは、疲れでした。20代のころは睡眠時間3時間程度でも平気で、徹夜をしてもすぐに体力は回復していました。それなのに30代半ばを越えたころから睡眠不足がつらくなり、徹夜をしようものなら体調を戻すのに2~3日はかかるように……。40代になってなかなか疲れが抜けないのは、年齢的に仕方がないことなのかもしれないとあきらめ気味でした。

そんな状態でもなんとかライターの仕事を続けられたのは、独身だったからだと思います。当時、優先順位の1位は仕事、2位は睡眠のような生活を送っていました。疲れがたまっているときには最低限の仕事をこなしてこんこんと眠り、おなかがすいたらコンビニやスーパーですぐに食べられるものを買う。家事に割く分の時間とエネルギーを仕事に充当するような生活でした。

ただ、45歳で結婚をしてからは生活が変わりました。6時台に家を出る夫に合わせて5時半に起きるため、独身のころのように昼近くまで惰眠を貪ることはできなくなりました。料理は毎日、掃除と洗濯は1日置きと、独身のころとは比べものにならないほど家事をこなしています。

加えて、結婚を機に都内から郊外へ引っ越したため、取材や打ち合わせに出かける際の移動時間がほぼ倍に。取材から帰ってくるとぐったりと疲れてしまい、30分ほど仮眠を取らないと何もできなくなってしまいました。

そんな私に転機が訪れたのは、2020年の1月のこと。取材でお会いした婦人科の女医さんとの雑談のなかで、疲れに関する悩みをお話ししたところ、「更年期にはいろいろな症状が出ますからね」と言われたのです。きちんと診察したわけではないので断言はできないものの、先生のこれまでの臨床経験から、私の疲れは更年期症状の1つである可能性が高いとのことでした。

エクオールのサプリメントを飲んで改善

先生からまさかの更年期症状を指摘され、「婦人科を受診して、何か治療を受けたほうがいいのでしょうか……」とうろたえる私に、先生はエクオールという成分をすすめてくださいました。

エクオールは大豆イソフラボンから腸内細菌の活動によって作られるスーパーイソフラボンのことで、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする成分なのだそう。そのため、更年期症状を和らげる効果が期待できるということでした。ただし、エクオールを体内で作ることができる人は日本人では約2人に1人なのだといいます。そのため、自分がエクオールを作ることができるかどうかを調べるソイチェックという検査があるのだそう。

ちなみに、先生は「エクエル」というサプリメントを飲み続けているそうです。「エクエル」には体内でエクオールを作る乳酸菌が配合されているため、ソイチェックを受けなくても飲むだけでエクオールを補給できるそうです。先生自身、更年期症状がラクになり、心身の調子が安定しやすくなることを実感しているとおっしゃっていました。

私も早速「エクエル」を飲んでみたいと思い、Amazonにて購入。30日分目安の120粒入りで4,198円(税込み)でした。毎日4粒ずつ飲んでいたところ、1カ月ほどで疲れにくくなったことを実感。都内での取材を終えて帰宅したあと、ちょっと一息入れただけで仕事や家事ができるようになりました。今の調子を維持できるのなら、50代になっても元気に仕事を続けられそうです。

まとめ

「エクエル」を飲み始めてから自分の体力にちょっとだけ自信を持てるようになりました。そこで、ここ10年ほどで10kgほど増えてしまった体重をなんとかしようと思いたち、長い間放置していたステップ台を引っ張り出して1日に30分~1時間ほど、踏み台昇降を始めました。適度に汗をかくのは気持ち良く、2カ月で体重は2㎏減。体力がついたこともあり、あと8㎏のダイエットに挑戦したいです。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

更年期のお悩みカテゴリの最新記事