生理周期が短い?更年期へ向かう体の変化を受け入れた心のプロセス【体験談】

生理周期が短い?更年期へ向かう体の変化を受け入れた心のプロセス【体験談】

私にとって生理の状況は自分の体調や健康の状態を測るバロメーターになっていて、長年基礎体温表をつけるなど生理周期には気を付けてきたつもりです。40歳になるまでは生理周期も変わりはなかったのに、ちょうど40歳を過ぎたころから生理周期が短くなり始め、経血量も少なくなっていきました。

そこで初めてだんだんと更年期に向けて体が変化していっていることを実感したのです。生理の変化から更年期に向かう女性の体の変化を受け入れていった体験をお話しします。

生理周期の変化に疑問。更年期に近づいた?

初潮からこれまで、毎食野菜だけ食べて1カ月に5kg減量という無理なダイエットをしたとき以外は、順調に毎月生理が来ていました。しかし、40歳を過ぎたころからでしょうか、なんとなく今まで違う生理が来るようになりました。まず気付いたのが生理周期が30日型から28日型に短くなってきたことや経血量が少なくなってきたことです。

はじめは「ちょっと体調が悪いときもあったし、そのせいかな?」と思っていたのですが、だんだんと毎回の生理に見られるようになってきました。そこで「あれ? これってもしかして更年期に近づいてきたのかも?」と思うようになり、女性として生まれて初めて「更年期」を意識するようになったのです。

このまま閉経に?一抹の不安が…

このまま更年期に入って閉経するのかな? 40歳を過ぎてからの生理の変化は私を不安にさせました。女性には更年期があり、いずれ閉経することは頭ではわかっていました。しかし、自分の立場に置き換えて考えることがなかったのです。これまで至って健康に過ごしてきた私にとって「自分が更年期へ向かっている」という事実を初めて現実として突きつけられた気がしました。「閉経する=女性らしくなくなってしまう」。そんな偏った考え方も頭をよぎります。

年齢とともに体も変化していくことを受け入れ心がラクに

生理の変化から更年期へ向かっているということを意識したときから、気分がなんだかさえないことも多くなりました。しかし、こうした女性の体の変化は誰でも起こり得ることで同じような思いをしている女性もいるはずです。それがだんだんと自分の体験として理解できるようになるまでに1年ほどかかったと思います。「40歳を過ぎて体が変化していくのも当たり前。生理の変化も受け入れていくしかない」と思うようになりました。

そう思えたのはささいなきっかけで、ある有名女優が自身の更年期の症状や更年期を乗り越えた話を語っていたテレビ番組を見たことでした。そのとき「こんなにきれいで有名な女性でも更年期という体の変化を受け入れ乗り越えていくんだな、みんな同じなんだんだな」とスッと胸に入ってきたのです。

そのとき初めて生理をはじめとする女性の体の変化は決して私だけの体験ではなく、多くの女性が感じることなのだとしっかりと認識できたのだと思います。そう考えられるようになるとうつうつとしていた気持ちも晴れやかになり、「これから起こる更年期の体の変化も少しずつ受け入れていこう」。そう思えるようになったのです。

まとめ

40歳になって生理周期の変化で更年期に向かう体の変化を感じ、最初は「このまま女性らしくなくなるのでは」と不安が強くなったのを覚えています。しかし、その変化を受け入れて、これからも自分の体を大切にしようと改めて思うことができた経験となりました。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

更年期のお悩みカテゴリの最新記事