40代の目まい、耳鳴り。改善のコツは「ゆるめる」ことだった【体験談】

40代の目まい、耳鳴り。改善のコツは「ゆるめる」ことだった【体験談】

40代に入って毎月数回は起こるようになった目まい、耳鳴り。世界がゆがんでぐるーんと回り出す、耳の奥でキーンと音が鳴る……。その気持ち悪さは、いつまでたっても慣れないものです。このまま目まい、耳鳴りが増えていったらどうしよう、そう思った私はまず耳鼻科を受診してみました。そこで言われた目まい、耳鳴り改善のコツや実践の結果をお伝えします。

40代に入って増えた目まいと耳鳴り

それは、いつも突然やってきます。世界がぐらっと揺らいで、ゆっくりぐるーんと回る感覚。そう、目まいです。私の場合はいつも左から右へ景色がゆがんで回っていき、同時に耳の奥でキーンとかツーンとかいう音が聞こえるのです。

もともと私は、若いころから、目まいを起こすことが多かったように思います。ただ、40代に入ったこのごろ、前よりも頻繁に目まいと耳鳴りが起こるのです。例えば、暑いなか庭仕事をしたあととか、仕事が思いどおりにならずにイライラしたときとか……。

思い返すと、私の母もよく目まいを起こし、「更年期でつらい」とこぼしていました。私もついにその年代に突入かと思いつつ、もしこのまま悪化の一途を辿ったら外出先や車の運転などの場面で危ないこともあるのではと少し心配になったのです。

耳鼻科で言われた「気持ちをラクに」

更年期が原因の目まいだとすれば婦人科。でも、ネットで検索したところ、耳鼻咽喉科の情報に目まいを起こす病気として、メニエール病や良性発作性頭位めまい症などの可能性もあるとあったので、まずは耳鼻科に行ってみることにしました。

耳鼻科では、目まいを再現するという検査をしました。先生が私の頭をあっちこっちに向けて目まいを誘発してくれるのですが、目まいは出ず、耳鼻科の病気ではないという結論に。そして、耳鼻科の先生に言われたのです。「目まいや耳鳴りは自律神経の具合も影響するから、あまりカッカせずに気持ちをラクにね」と。

自分なりに体得した「ゆるめる」コツ

私はかなりののんびり屋なので、そんなにカッカしたりはしていないと思うけど……と感じたのですが、よく考えると目まいや耳鳴りが起こるのは仕事や家事で無理をしたときです。暑かったりイライラや心配で気をもんでいるときなど気が詰まったような感じのときにグラッとくる印象があります。

先生は「目まいが起こったときは、服も気持ちもゆるめる」とおっしゃったので、暑いなかでの作業や在宅での仕事をするときには、あえてゆったりと締め付けない服を選ぶようになりました。それでも目まいが起こったときは、すぐに横になって休みます。

これで目まいや耳鳴りの頻度が減ったわけではありません。でも、病気ではないとわかったこと、目まいを止める「メリスロン」という頓服薬をもらったこと、何より「心と体をすぐにゆるめる」というコツを教えてもらったことで、目まいが起こるのではないかとビクビクすることが減り、その結果うまくゆるむことができているように思います。

まとめ

40代になって徐々に目まいや耳鳴りが増えた私。耳鼻科でひとまず病気ではないと診断されて一安心でした。そのとき教えてもらった「ゆるめる」というコツ。病気ではないという診断と、頓服の薬をもらったことも相乗効果となって、うまく心と体をゆるめるコツを体得できたように思います。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

生活・その他カテゴリの最新記事