40代の便秘にドストライク!サイリウムハスクを食べてみた【体験談】

40代の便秘にドストライク!サイリウムハスクを食べてみた【体験談】

アラフォーになって新たに加わった悩み、それが便秘。おなかの重さに耐えかねてネット検索を重ねた末、出合ったのが「サイリウムハスク」という食物繊維の粉末でした。実は、これが私にはドストライクで、素晴らしい効果をもたらしてくれたのです!

アラフォー便秘に…サイリウムハスク?

「快眠・快食・快便」。若いころは当たり前のことだと思っていました。でも、この年になって思うのです。これは本当に心身の健康の基礎であり、貴重な財産であると。今回私の悩みの種になったのは、「快便」の部分。つまり、便秘です。もともとおなかが弱く、急な下痢に悩んでいたこともあったのに、40代になって突然便秘になってしまったのです。自然な便意が来ないので、トイレにこもること数十分、一生懸命頑張ってもコロコロとした便が少し出るだけ。おなかが重いったらありません。

そんな私がネット検索で見つけたのは、「サイリウムハスク」という自然由来の食品でした。サイリウムハスクは、オオバコ科の植物の種を包んでいる種皮の粉末で、成分の90%が食物繊維でできています。ネット上のレビューを見ると、お通じの調子が良くなったと書いている人が多く、便秘薬に抵抗があった私にはぴったりのように思えたのです。

もちもち食感のサイリウムハスク

早速、アメリカの通販会社iHerb(アイハーブ)で、サイリウムハスクを注文した私。約500gで800円程度と、手ごろな値段もチャレンジのハードルを下げてくれました。さて、問題はサイリウムハスクの摂り方です。サイリウムハスクは無味無臭に近いのですが、においと油の少ない米ぬかのような風味があり、水を吸収するとゼリー状になるという特徴があります。

まずは、ネット上で人気があった「サイリウムわらびもち」に挑戦してみました。水に、砂糖とサイリウムハスクを入れ、加熱しながら練っていきます。でき上がりの食感はまさにもちもちぷるんとしたわらびもち、きな粉をかけるともう立派な和菓子の一品です。

でも、毎日わらびもちを作るのも面倒なので、私は結局ヨーグルトにジャムと一緒にサイリウムハスクを小さじ2杯くらい入れて食べることにしました。ややざらついたぷちぷち食感や風味が気になりますが、グラノーラ感覚で食べられました。

すっきりとしたお通じが毎日来るように!

便秘に対する結果は上々でした! サイリウムハスクを摂り出して3日目くらいから、おなかが緩くなったり痛くなったりすることもなく、自然な便意が毎朝来るようになったのです。コロコロとした便ではなく、快便になり、おなかがスッキリしてとても爽快。最初はうれしくて、トイレから出てすぐに「少し減ったかしら」なんて体重計に乗ってしまったほどです。もちろん、1回の排便で体重が減りはしませんでした……。

ヨーグルトに入れたときのぷちぷちとした食感も楽しく、水分で膨らんだサイリウムハスクでそこそこおなかも満たされるので、ダイエットにも良さそうです。サイリウムハスクを摂って2カ月ほどになりますが、ほかにダイエットをしている成果もあり、見た目はそう変わってはいないものの1.5kgほど体重が減って便秘にもなっていません。小さじ2杯は約3gなので、1袋で半年分ほどある計算です。これは簡単で安く、良い食習慣に出合えたと、とてもうれしくなりました。

まとめ

40代になって突然始まった便秘。便秘薬に抵抗のあった私が出合ったのは、サイリウムハスクという植物由来の粉末でした。ヨーグルトに入れて毎日食べると、自然な便意とすっきりとした便通があって、自分との相性の良さをすぐに実感できました。長く続けたい食習慣となっています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

生活・その他カテゴリの最新記事