1日2分!太りやすい私が少しずつやせてきている理由とは?【体験談】

1日2分!太りやすい私が少しずつやせてきている理由とは?【体験談】

毎朝、子どもを駅まで送ったらそのまま近所の公園に行って、2〜3kmのランニングをするのがここ数年の日課です。人に話すと「走れるなんてすごい!」と言っていただけるので、効果のほどを期待していましたが一向にやせません。やせないどころか体重は徐々に増加し、増減はあったものの走り始める前に比べぎりぎり1~2kg減というところ。

やせにくく太りやすいのは同世代のママ友たちとのおしゃべりでもよく話題にのぼりますが、運動しても糖質制限してもたいしてやせないなんて、かなり絶望的です。「もしかして運動の仕方が間違っている?」と思い、更年期に必要な運動について調べてみることにしました。

ランニングを続けているのにやせない理由

ここ数年、近所の公園でランニングをするのが日課になっています。木陰の道を走り抜けるのはリフレッシュできて欠かせない時間なのですが、最近やや体が重く感じます。気になって体重計に乗ってみたところ、最後に測ってから体重が2kgも増えていました。食事も気を付けているし、ずっと走り続けているのに……。何も努力していないならわかりますが、毎日走っているのになぜ? これはさすがにショックでした。

そこで、なんとか元の体重に戻そうと、まずはランニングでどれくらいカロリーを消費するのか、計測してみることに。すると、なんと100kcalにも満たなかったのです。100kcalがどれくらいかとネットで調べてみると、バナナ2/3本! 食パン8枚切り2/3枚! もう走るのをやめようかと思いました。しかし、冷静になって考えてみると、やせないのは当たり前です。夕飯で白米を抜いていますが、その反動かしばしば甘い物が無性に食べたくなってケーキを食べたり、日常的に甘い物をつまんだり。完全にカロリーオーバーだったのです。

さて、どうするべきか。食事制限をもう一度頑張れば一時的にはまたやせるかもしれませんが、根本的な解決にはなりそうもありません。そこで、ランニングはリフレッシュの時間と思うことにしました。その上で、さらにやせるための運動を見つけて、毎日の日課に取り入れてみることにしたのです。

やせるために必要な運動とは?

そもそも若いころはすぐやせたのに、なぜ40歳を過ぎたころからやせづらくなってしまったのか。まずは原因を調べてみました。ネットで調べたところ、更年期による女性ホルモンの変化が体重増加に影響しているようです。

閉経前後に脂質代謝を促す作用のある女性ホルモンのエストロゲンの分泌が低下し、いわゆるメタボになりやすい体へと変化していくそうです。加齢による筋肉や基礎代謝の減少も、やせづらい原因の1つとのこと。さらに食事量を制限しても欧米型の食事や間食により摂取カロリーは変わらないという一文を見つけ、やせない理由がよくわかりました。

そこで、ヨガインストラクターをしている友人に相談したところ、下半身を中心とした短時間の筋トレを提案されました。彼女がおすすめした運動は、1分間ずつのスクワット&プランクです。女性の筋肉量減少のピークは50代半ば。特に下半身の筋肉量が減少するため、そこを重点的に鍛えると基礎代謝を上げることになり、基礎代謝が上がれば体重が落ちやすくなるとのことで、早速、毎日続けてみることにしました。

1日2分の努力が実を結ぶ!?

毎日、たった2分の努力ですが、継続するようになって1カ月がたちました。ちょっと意外だったのですが、早くもおなか周りが少しすっきりしてきたような気がしています。いつものデニムをはいたときに「あれ、違うぞ」と感じています。筋トレを始めたばかりのころは、特にスクワットがつらくて正直1分続かない日もありました。決して無理はしないこと、ひざに頼らず、太ももの筋肉を意識して引き上げるようにとの友人のアドバイスに従い、回数を増やすことより1回ずつ丁寧におこなうことを心がけました。また、プランクも頭からおしりまで一直線になるよう、息子に監督をお願いしています。

息子と一緒におこなうようになってから、楽しく続けられるようになりました。体重は現在、0.5kg減。目標の2kg減まではまだまだですが、最近は甘い物も控えるようになってきています。まったく食べないわけでないのですが、例えば以前は2個食べていたのが1個になったり、洋菓子からあんこの入った和菓子に変わったり。せっかくの「2分の努力」を無駄にしたくないと考えるようになりました。

まとめ

ランニングでやせようと思わなくなったため、走る時間に感じていたやせないというストレスが軽減され、今ではリラックスして走れるようになっています。少し甘い物を控えて、筋トレを取り入れた新しい生活により、自分の体がどう変わっていくのかがこれから楽しみです。筋肉貯金という言葉もあるように、老後のためにお金も筋肉も今から少しずつためていきたいと思います。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

体型のお悩みカテゴリの最新記事