寝ても覚めても「疲れる」 何かをするたびにひと休み、ひと休み【体験談】

寝ても覚めても「疲れる」 何かをするたびにひと休み、ひと休み【体験談】

数年前から、遊ぶことすら疲れるようになったというA・Sさん(45歳)。気づけば休みの日は1日の大半をソファーの上で過ごすことも。疲れない体を作るために始めたホットヨガもある理由でやめてしまったそうです。

ひと休みが多すぎて何も進まない~

〈A・Sさん・45歳の場合〉
40歳を過ぎて、ちょっと仕事する、ちょっと掃除する……「ちょっと〇〇する」とすぐに疲れる私。 月~金曜日の仕事はなんとか乗り切れるよう時間配分とペース配分をして過ごしますが、お休みの日はもう気が緩み、何をするにも時間がかかる。

朝起きてごはんを食べたらひと休み、食器を洗って疲れてひと休み、洗濯物を干してひと休み……。何か一つするたびにひと休みするので時間がいくらあっても足りません。おいおい! 休んでいる時間のほうが長いじゃん!と自分に苦笑いしてしまいます。

疲れない体になるはずが…

前日は子どもの運動会だったこともあり、「ごちそう作るぞ~」と張り切ってスーパーでたんまり夕食の食材を買い込み、帰宅。 ところが食材を冷蔵庫などに片付け始めたら、疲れが一気にやってきて、結局、外食することに。「お母さん、運動会に出てないのになんで疲れてるの?」と子どもに言われる始末。ホントに情けないです。

自分でもこの状況をどうにかしなければと思い、「疲れないカラダ」になるために始めたのが「ホットヨガ」。隣の駅前にオープンしたばかりで、キャンペーン中ということもあり入会金ゼロ。これはやるしかないとすぐに飛びつきました。
ちょっと動いただけで汗をかけて、動きもあるので、これなら「疲れないになれそう」と3カ月間は熱心に通いました。

ところが冬になり寒さが厳しくなると、隣の駅まで行くのが疲れる、服を着替えるのが疲れるとなり……。結局、退会。残されたのは、リバウンドして太った体重2㎏だけ。

寝ても覚めても「疲れてる」

もうホントに救いようのない私です。

ちょっと前なら、連休になると旅行したり、ドライブに行ったり遠出するのが当たり前でしたが、ここ数年は渋滞が疲れる、人混みが疲れるという理由で旅行もできていません。この状況をなんとかしたいと思うですがなかなか難しいです。

なにせ、休日、昼下がりにソファーでウトウトして目覚めたときに「疲れた~」と伸びをしていましたから。これには夫も苦笑。

疲れていないときっていつだっけ? 最近、考えてもこの答えが見つかりません。でも、こんな私にも一筋の希望の光があるんです。それは知り合いの看護師の重鎮(70代)の方が言っていた「更年期を超えると、気力も体力も回復して疲れ知らずになるわよ」という言葉。だから今はただの体力温存時期と考えて、思う存分休むことに徹していきます。

まとめ

起きているときはほとんど疲れている私。疲れない体になるために通い始めた習い事も3カ月で挫折しました。70代の人生の先輩の「更年期を超えると疲れ知らずになる……」という言葉を信じて、いまは長い人生の中で体力温存期間だと思って休んでいます。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

生活・その他カテゴリの最新記事