ヨーグルトにこだわらない!便秘が改善した私に合った腸活生活【体験談】

ヨーグルトにこだわらない!便秘が改善した私に合った腸活生活【体験談】

私の頑固な便秘は子どものころからずっと続いており、野菜を多く食べさせるようにするなどずいぶん母親も苦労していたようです。大人になっても5日に1回程度の便通が当たり前の状態だったので仕方ないとあきらめていました。

しかし、数年前からテレビや雑誌でも腸活の大切さをよく目にするようになり、40代半ばになってからもう一度腸活に挑戦してみようと考えました。そして、私にぴったりの腸活食生活を見つけることができたのです。

小さいころからあきらめていた頑固な便秘

私が便秘であると自覚したのは幼稚園のころです。便はいつもウサギのフンのように小さくコロコロとしたもので、母からは3日に1度ぐらいしか便通がなかったと聞いていました。特に母は食生活に気をつかうほうだったので食物繊維の多い野菜をたくさん食事に取り入れていましたが、私の便秘はあまり改善されず40代半ばまで続いていたのです。

大人になってからは大体便通は5日に1回ぐらいのペースですが、1週間ほど便秘が続くとウエストが太くなってしまい、いつものスカートがきつくなることも。一度、生薬配合の便秘薬を飲んだことがありましたが、便が出るときにひどい腹痛で苦しい体験をしたので、それから怖くて飲んでいませんでした。

しかし、40代になるとテレビや雑誌で腸活についての記事が目に付くようになり、腸活の重要性を改めて認識したのです。ヨーグルトは30代から唯一の腸活として毎日食べるようにしていましたが、思ったような結果は感じられていませんでした。

やっと見つけた私に合った腸活法

腸活の重要性を改めて感じた私は、今までのようにヨーグルトにこだわらず、ほかの食べ物も考えてみようと思い、キムチや納豆などの発酵食品や海藻、きのこなどを意識的に食べたり、玄米食や乳酸菌サプリなども試したりもしました。ただ、どれも続けたのは短い期間のみ。長く続ければもちろん良い結果につながったかも知れませんが、どれも即効性が感じられなかったのです。

便秘改善のためのさまざまな情報を試すなかで、やっとたどり着いたのがトマトジュースとなめこでした。1日に市販のトマトジュースならカップに2杯(約300~400ml)以上、なめこならスーパーなどで売っている小袋を1袋すべて食べます。どちらも食べる時間帯は特に決めませんでしたが、翌朝には必ずと言っても良いほど快便を迎えることができました。そして3日に1度、どちらかを食べるようにしたところ、2~3カ月で毎日の快便が現実となったのです。

今はトマトジュースを毎朝コップ1杯(約200ml)必ず飲み、1週間に1回はなめこのたっぷり入った味噌汁を3食のどこかにプラスして飲んでいます。効果は人によっていろいろだと思いますが、私の腸活にはこの2つが驚くほど早く効果を発揮してくれました。健康系の雑誌に便秘解消に良いとされる水溶性食物繊維の多い食べ物が紹介されていたなかで、トマトジュースとなめこの2つが私にはぴったり合ったようです。

快便が続き、ウエスト周りもスッキリ!

子どものころからの頑固な便秘を克服できたのは、私にぴったり合う腸活食品をいろいろ試して探したからだと思います。腸活食品は人によって効果が違うということを健康系の雑誌で読んだので、とにかくいろいろ試して私にぴったりの腸活食品を探してみました。

便秘改善のためのさまざまな情報を試すなかで、トマトジュースとなめこという私に合った腸活食品を見つけたことによって、今では毎朝本当にスムーズな排便が得られています。今まではトイレに時間がかかったため漫画本などをたくさん置いていましたが、今ではそれらも一切必要なくなってしまいました。

こんな日が来るとは思ってもいませんでしたが、今ではおなかが張ることもほとんどありません。ウエスト周りもスッキリしてきたのか、以前きつかったスカートもラクに着られるようになりました。特にトマトジュースとなめこは私にとってとても効果があり、これこそが私にぴったりの腸活食品だと考えています。

まとめ

私は40代半ばになって、やっと自分にぴったり合った腸活食品を見つけ、頑固な便秘を克服することができました。これは本当に今までの私にとって夢のようなこと。これからもトマトジュースやなめこを食べ続けることはもちろん、ヨーグルトにこだわらず腸活に良いと言われているいろいろな食材を積極的に食べたり、適度な運動をおこなったりするなどいろいろな面から腸活を続けていくつもりです。

そして腸活は一生続くものだと思っているので、無理せず長く続けることを目標にしています。またトマトジュースやなめこと同じように、私にとって抜群の便秘解消効果が得られる食品をまだまだこれからも探し続けてみたいと思っています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

生活・その他カテゴリの最新記事