え、シミだと思っていたらイボ!?治療をして素肌に自信が!【体験談】

え、シミだと思っていたらイボ!?治療をして素肌に自信が!【体験談】

私は30代の後半からシミができ始め、ファンデーションを厚く塗ったりコンシーラーで必死に隠したりしていました。しかし、なかなか隠せなくて嫌になり、クリニックでシミの治療をしようと決意。すると、なんとクリニックで「シミではなくイボ」だったという事実が判明したのです。今回は私が体験したイボの治療をご紹介します。

何をしても顔のシミがなくならない!

5年ほど前の30代後半のころから顔にシミができ始めました。化粧で隠せるくらいのシミだったのでそんなに気にしていませんでしたが、40代になってからシミが濃くなり、鏡で自分の顔を見るのが嫌になっていきました。次第にファンデーションを厚く塗ったり、コンシーラーを付けたりしても完全にシミが隠せなくなっていったのです。化粧をしながらシミを見つめている時間が増え、「どうしてこのシミは隠せないの?」と思う日が続きました。そばかすのような小さなシミはファンデーションできれいに隠せるのに、直径1cmくらいのシミだけは隠せませんでした。

隠せないならシミをなんとかするしかないと思い、シミに効果があると言われている美容液やクリームを試してみることに。美容液やクリームの値段は高いものが多いけれど、シミを薄くしたい一心で使い続けました。しかし、半年たってもシミの濃さは変わらず、落ち込む日々。年齢的にシミは仕方がないのだろうか……とあきらめモードになりつつありました。

シミではなくイボだった!?

シミを気にしながらも毎日の家事や仕事、子どもの世話に追われていると、あるとき職場の1人から「ちょっと、シミ目立つよ」と言われました。その人とは仲良くしていたため、言いたいことはなんでも言い合える仲でしたが、気にしていたシミを指摘され、心に大きなダメージが……。このシミは自分の力ではどうすることもできないのに、これ以上何をしたらいいのだろうと悩みました。

そしてある日、家でくつろぎながら雑誌を見ていたら、「シミにはレーザー治療」という文字が目に入ってきました。レーザー治療は知っていましたが、値段も高く、シミの治療でクリニックに行くことが恥ずかしく思えて敬遠していたのです。けれど、ずっと悩んでいるくらいなら一度行ってみようと決心し、ネットの口コミで評判の良いクリニックへ行ってみることにしました。

クリニックに着いて、緊張しながらもシミの治療がしたいことを伝えました。呼ばれて診察室に入り、先生がルーペのようなものでシミを診ると「これはシミじゃなくてイボだね」と言うではありませんか。驚いて「えっ! イボ?」と思わず聞き返してしまったくらいです。説明を受けて「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」というイボだとわかり、このクリニックでの治療方法は凍結治療だと言われました。イボの治療には保険が適応されることもわかったので、凍結治療をお願いすることにしました。

-196度の液体窒素でイボを凍結治療

イボを取るためにおこなう凍結治療とは、細い綿棒のようなものを使って-196度の液体窒素でピンポイントでイボを凍結させる方法です。凍結した部分にかさぶたができ、それが自然にはがれたらイボがなくなっているとのこと。1回の治療では取り切れないかもしれないので、その場合は2回3回と凍結治療をすることになるかもしれないと説明を受けました。

-196度の液体窒素で凍結させるときは火傷をするような感覚で、痛いと言えば痛いけれど、治療を受けながら先生と会話ができるくらい軽い痛みでした。直径1cmほどのイボを凍結するのに3分もかからず、あっという間に終わりました。

治療当日からお風呂も入れるし、化粧もできる。気を付けることは日焼けをしないようにすることと、かさぶたをむりやり取らないこと。私は日焼けをしないように日焼け止めをしっかり塗り、治療した部分に絆創膏を貼りました。そして、色素沈着を防ぐためにビタミン剤を処方されたので、毎食後それを飲むことになりました。

イボの治療をして顔が明るくなった!

治療して4日ほどたつとかさぶたができ、さらに4日ほどしたらかさぶたが取れました。すると、ピンク色の肌が現れて一気に顔の色がワントーン明るくなった感じがしたのです。とにかく日焼けをしないように気を付け、治療の痕を保護していた絆創膏はかさぶたが取れてからも1週間ほど貼り続け、今ではピンク色だった肌も元の肌の色になりました。治療から1カ月以上たってもう1度クリニックで診察を受けましたが、1回の治療できれいになったので治療は終了です。

治療したことで気持ちが軽くなり、表情も肌の色も明るくなったように思います。化粧をするとき、ファンデーションやコンシーラーを厚く塗る必要がなくなり、とてもラクになりました。朝の忙しい時間の短縮につながったこと、スッピンに自信を持てたことがうれしいです。思い切ってクリニックで診察を受けて本当によかったです。

まとめ

イボは膨らんでいるイメージでしたが、私にできたイボは平らだったので、シミだと信じて疑わずにいました。クリニックで診察を受け、イボだとわかったときは驚きましたが、正しく治療ができ、きれいに取ることができてホッとしています。コンシーラーでも隠し切れなかったのは、シミではなくイボだったからかもしれません。治療したことで見た目も気持ちも若返って、毎日鏡を見る楽しみが増えました。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

あるある!と思わず共感&読めば心が軽くなる!!大人気マンガ連載中!

大人気マンガ連載中 大人気マンガ連載中
  • 腎がんの記録をつづる
    43歳で腎がんになった話
    3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガ連載「43歳で腎がんになった話」
    マメ子 さん
  • 孫ラブおばちゃん
    五十路日和
    夫と2人暮らし。3児の母で、6歳の孫を溺愛中のおーちゃんさんによる50代の日常をつづるマンガ連載「五十路日和」
    おーちゃん さん
  • 日々、老化を実感中!
    熟女系
    物忘れがひどくなってきた40代熟女のフワリーさんによるマンガ連載「熟女系」
    フワリー さん
  • ステキなおばあちゃんを目指す!
    ときめけ!BBA塾
    マンガ家・イラストレーターの和田フミ江さんがステキなおばあちゃんを目指すマンガ連載「ときめけ!BBA塾(ばばあじゅく)」
    和田フミ江 さん
  • クスッと笑えるアラフィフのリアル
    アラフィフの日常
    イラストレーター&漫画家のフカザワナオコさんによる、アラフィフ女子の日常についてのマンガ連載「アラフィフの日常」
    フカザワナオコ さん
  • アラフィフ母の日常
    生まれて半世紀
    気付けば生まれてから半世紀が過ぎてしまった、エッセイマンガ家の月野まるさんによる連載マンガ「生まれて半世紀」
    月野まる さん
  • 若いころとのギャップが!
    アラフォー絵日記
    アラフォーとなり20代、30代との違いを実感する日々をつづったマンガ連載「アラフォー絵日記」
    村澤綾香 さん
  • アラフィフの身に起こること
    アラフィフ雑記帳
    アラフィフ母の身に起こる日常を絵日記にして紹介するマンガ連載「アラフィフ雑記帳」
    フィフママ さん
  • ポンコツな40代の日常
    40代ポンコツ街道
    ブロガー時々イラストレーターの中村こてつさんによる、加齢で加速するポンコツな日常を描く連載マンガ「40代ポンコツ街道」
    中村こてつ さん
  • 更年期のもろもろをゆる~くつづる
    脱力系ゆる更年期日記
    更年期イラストレーターのやましたともこさんによる、更年期のもろもろをゆる~くつづったマンガ連載「脱力系ゆる更年期日記」
    やましたともこ さん
  • くそ地味だけどハッピーな日々
    くそ地味系40代独身女子
    30代半ばで離婚して実家に出戻りした、40代独身マンガ家の大日野カルコさんによるマンガ連載「くそ地味系40代独身女子」
    大日野カルコ さん
  • アラフォーならではのあるある!
    アラフォー店長のつぶやき
    雑貨店で店長として働くオムニウッチーさんがつづるアラフォー女子ならではのあるあるマンガ連載「アラフォー店長のつぶやき」
    オムニウッチー さん
  • メンタル弱めです
    40代豆腐メンタル
    豆腐並みに崩れやすいメンタルなかめまるさんによる、日常の何げない笑える日常を描いた連載マンガ「40代豆腐メンタル」
    かめまる さん
  • 36歳でチアダンス講師に!
    44歳チアリーダー
    イラストレーターであり、チアダンスの講師でもあるサトウユカさんによる元気になるマンガ連載「44歳チアリーダー!」
    サトウユカ さん
  • こじらせ女子がアラフォー婚
    アラフォー女子が10年ぶりに恋をした
    エッセイマンガ家のかとひとさん。恋愛こじらせアラフォー女子のかとひとさんが結婚するまでのマンガ連載。
    かとひと さん
  • 彼氏なし!アラフォー独身女子
    アラフォーオタク女子
    自称、永遠の中二病オタク、彼氏なしのアラフォー独身女子のコメコパンさんによるマンガ連載「アラフォーオタク女子」
    コメコパン さん
  • 体のあちこち気になるお年ごろ
    ナナイロのアラフォー
    体のあちこちが気になるようになってきたイラストレーターのナナイロペリカンさんによるマンガ連載「ナナイロのアラフォー」
    ナナイロペリカン さん
  • アラフォーならではのアレコレ
    アラフォーだもの
    体力の衰えがシャレにならないエッセイマンガ家&イラストレーターの小豆だるまさんがつづるマンガ連載「アラフォーだもの」
    小豆だるま さん
  • 40代の日々をつづる
    40代ダイアリー
    13歳&9歳子鉄兄弟の母で、日々のささいなできごとなどをマンガにしている山田黒蜜さんのマンガ連載「40代ダイアリ
    山田黒蜜 さん

肌のお悩みカテゴリの最新記事