友人の結婚式に招待された!アラフォー版お呼ばれスタイルとは【体験談】

友人の結婚式に招待された!アラフォー版お呼ばれスタイルとは【体験談】

昨年の春、友人の結婚式に招待されました。かなり久しぶりの結婚式で気持ちが華やぎ、「絶対行きたい!」と招待状の参加に○を付けたまではよかったのですが、そう言えばこの年で花嫁の友人として結婚式に出席するときってどんな格好で行けば良いのだろう……と、はたと思いました。昔だったらここぞとばかりにめかし込んで出席しましたが、そのとき私は42歳。さすがにあまり華美なのは無理だろうとわかりました。かといって、花嫁の友人として呼ばれているのだからある程度は華やかにしたい。苦肉の策で考え出した私のアラフォー版お呼ばれスタイルをご紹介します。

ドレスより着回しの利くスーツをセレクト

まずは服装です。ネットのショップをいろいろ見て探したのですが、デザインが気に入るドレスはどれもひざくらいの長さ。実際に私が着てみたら、太くて毛深い脚が気になって仕方なくなることは一目瞭然でした。結婚式だけに黒いストッキングでごまかすこともできません。それに私は40代の主婦で在宅ワーカー。友人はママ友ばかりで、職場の後輩の結婚式に呼ばれるということもなく、次に結婚式に呼ばれるのはきっとめいかおいで遠い先なんだろうなぁと思ったら、今、高額のドレスを買うのはもったいない気がしてきました。

そこで、服装は入学式や卒業式でも着られるスーツを選択。紺色のふんわりしたワンピースと紺色のジャケットがセットになっているものです。これに、大ぶりの真珠のネックレスとイヤリングを付けて、華やかに見えるように工夫しました。

100均アイテムを使いこなして華やかに

次に、メイクです。在宅ワーカーの私は普段はスッピンで過ごし、外出するときも基本的に下地とファンデーションで肌を整えるだけの5分間メイクです。しかし、結婚式にお呼ばれしたからにはしっかりメイクしなくては! 服装もドレスではないのだし、その分メイクとヘアで華やかさをプラスしなきゃとさすがの私も気合いが入りました。とはいえ、ばっちりメイクをする機会はそうそうない。いろいろメイク用品を買っても1回こっきりしか使わないかもと、またしても節約精神がムクムク……。

そんなとき大助かりなのが100均です。近くのダイソーに出向き、ラメ入りのハイライトとコンシーラー、アイライン、チーク、リップペンシルを買いました。

結婚式当日は、下地のあとにコンシーラーで目の下のクマを隠し、リキッドファンデ、ハイライト、パウダーファンデをオン。ハイライトのキラキラがイイ感じにお祝い感を出しています。目元はアイシャドウを塗ってアイラインを引き、マスカラを付けました。口元はリップペンシルで唇の輪郭をなぞってリップクリームで伸ばしてヌーディーに。仕上げにチークをふんわり入れて、華やかなお呼ばれメイクが完成しました。

ヘアはネットを参考に夫の力を借りて完成

最後に、ヘアです。服もメイクもなるべくお金をかけずに済ませてしまったので、ヘアだけは美容院できれいにセットしてもらおうかと思ったのですが、やはりダメでした。結局、式場近くの美容院のサイトを見てその価格にしり込みしてしまい、自力でなんとかしようと決意。ネットで40代の主婦らしくしっとりと見え、かつ華もあるパーティーっぽいヘアを探しました。当時の私はロングヘアだったので、髪の長さ的にはいろいろなアレンジが可能でしたが、致命的だったのが超不器用なこと。自力では、なかなかネットの説明どおりにうまくできませんでした。

私が選んだのは、簡単なのに凝った髪型に見えるギブソンタックというものです。ゆるめのひとつ結びにした髪を“くるりんぱ”と内側に入れ込んでまとめるだけ。たったそれだけのはずが、どうしてもうまくいかない! そこで私とは違いとても器用な夫にお願いすることにしました。夫は「女性の髪のアレンジなんて生まれて初めてだよ~」などと言っていましたが、じょうずにまとめてくれました。そこに昔からあったパール付きのUピンを飾って、完成です。うん、すてきになったかも!

まとめ

結婚式では花嫁となった友人の笑顔がキラキラと輝いていました。夫となる方がとてもやさしそうで、友人としてもひと安心でした。40代になってからの結婚式のお呼ばれは、顔も、体型も、環境も、経済状況も、若いころとは違うのでどんな格好をしたら良いのか悩みましたが、自分なりに華やかに装って友人を祝う気持ちを表すことができ、友人の幸せな姿を見届けられたので、本当によかったと思いました。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

生活・その他カテゴリの最新記事