食べ物と生活習慣がカギ? 薄毛と白髪対策のために心がけていること【体験談】

食べ物と生活習慣がカギ? 薄毛と白髪対策のために心がけていること【体験談】

40代の前半から、髪の毛が細くなったり量が少なくなったり、薄毛や白髪がとても気になるようになりました。そこで思い出したのが、以前取材で聞いた薄毛や白髪対策の生活習慣や食生活。効果は見えにくいけれど、これ以上進まない(?)ためにも実践しています。

薄毛や白髪対策の食べ物の効果はわかりにくい? 

40代の前半から白髪、そして薄毛に悩んでいた私ですが、今までに2回ほど取材で白髪や薄毛の対策を聞く機会がありました。でも、1人の先生は、薄毛対策は生活習慣や食習慣で対策ができるけれど、老化による白髪の対策はほぼないと言っていました。もう1人は管理栄養士で、薄毛や白髪に効く食べものを提案してくれたのです。身近な食べものが多く、さっそく取り入れましたが、この成果はなかなか見えづらい……というかあまり成果を感じたことはありません。

でも、もしかすると食べているからこの程度の進行具合(?)で済んでいるのであって、実は気をつけなければもっと薄毛が進んでいたり、白髪が増えていたかもしれない……そう思うと、今さら止めることもできません。なので、日常的にメニューに多めに入れるようにしています。でも、その食事を毎日食べている2歳上の夫はほとんど白髪がありませんが、薄毛は進んでいる。これって何なんですかね~。

薄毛対策に効く食べ物や気をつけたい生活習慣

管理栄養士さんによると髪の毛の成長に必要なものは、髪の毛を作るケラチンというタンパク質と健やかな毛根を作るミネラルだそう。

おすすめの食べ物は、

●卵、乳製品、カキ、海藻類、ブロッコリー、ほうれん草など

ブロッコリーは栄養価が高く、ミネラルはもちろんビタミンも豊富。だから毎日でも取りたい緑黄色野菜。でも、最近は値段がかなり上がっているのが悲しいところ。野菜は年々値段が上がっている気がして……バランスのいい食事もけっこうコストがかかって厳しいです。海藻類はわかめやひじきを中心に、味噌汁やサラダ、煮物などで。乳製品は牛乳かヨーグルトは毎日摂るように。チーズは白髪対策にも効くようなので、欠かさず食べていますね。手軽なスライスチーズから、クリームチーズ、スモークチーズ、モッツァレラチーズ、カマンベールチーズ、粉チーズ、ピザ用チーズなどいろいろ購入し、おやつや、家飲みのおつまみ、もちろん料理にも使います。自分の好きな食べ物でもあるので、習慣にするのもラクでした。

そして早寝早起き、上記の食材を含んだバランスのいい食事、適度な運動、禁酒・禁煙、ストレスをためないなど、規則正しい健やかな生活習慣が大切だそう。特に睡眠は重要で、髪の毛は22~26時の寝ている間に成長するそうです。でもなかなか22時には寝られず、日が変わらないうちにできるだけ布団に入ることを目標にしています。ただ、まったく実行できていないのは、適度な運動と禁酒、ストレスをためないこと。これは、私にとってなかなかハードルが高い生活習慣です。

白髪に効く食べ物は?

白髪対策に必要な栄養素というのは、髪の毛の成分となるシスチン、黒色を作り出すチロシン、そしてチロシンが有効に働くために必要な銅なんだそうです。そしてそれらの成分を多く含んだ食べ物が
●シスチン……種実類(ゴマやナッツなど)、大豆製品、豚肉、魚介類
●チロシン……大豆製品、チーズ
●銅……レバー、種実類(ゴマやナッツなど)、大豆製品、魚介類、ココア

これを見ると大豆製品は白髪対策に最強じゃないですか。大豆製品は、更年期症状にもいいと言われる食べ物でもあると聞きますし、必ず摂るようにしています。定番は味噌汁。豆腐、油揚げ、厚揚げのどれかを必ず味噌汁の具に入れます。ナッツは素焼き(もしくは素煎り)のミックスナッツを購入し、おやつやちょっと小腹がすいたときに食べるように。ときどき砕いてサラダのトッピングにしたりも。ゴマはいろいろなものにかけて摂ります。豚肉や魚介類は基本的にメインディッシュで。振り返ると、きちんと白髪対策の食事をしているように思うのですが、やっぱり効果は目に見えないような……、でも続けていくしかないんでしょうね。

まとめ

食事や生活は、ちょっとした心がけで習慣にできるものも多いのですが、無理はしません。無理をしても続きませんし、逆にストレスになってしまうから。いろいろな情報から自分に合ったものをセレクトして、効果を信じて続けていくのがいいんだろうと思います。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

髪のお悩みカテゴリの最新記事