急激なダイエットは、老け顔一直線! 頬がこけ、顔がたるみます!【体験談】

急激なダイエットは、老け顔一直線! 頬がこけ、顔がたるみます!【体験談】

65㎏もあっておばさん体型。やせてキレイになりたかったけれど、急激にやせると顔がこけて老け顔に。太っている自分は嫌だけど、ある年齢を超えたら急激なダイエットはかなりヤバいことに……。やっていいのは、若いうちのみだったみたいです。

太っていたほうが、顔がパンパンでシワなし、たるみなし

48歳なのに30代に見えた私。太っていたため、顔がふっくらしてシワもたるみもなく、かなりの若見えだったのでしょう。シングルの私は、事務所のご近所の方(高木さん)から、いい人紹介すると言われ、紹介されたのはなんと!38歳の会社員でした。

「あの~、高木さん、私、もうすぐ50歳なんです」。高木さん絶句! 「あ~、へ~、そうなの……」と、この話はなかったことにされました(笑)。それほどまでに若く見えた私ですが、なんとたった2カ月で、実年齢+5歳の老け顔になってしまったのです……。

介護で体力を使い、エネルギー消費量が高まったのはいいけれど…

老け顔になったのは、急激な体重減少のせい。しかも自然に体重が落ちたのですが。その原因は次の4つ。①父の介護、②仕事のし過ぎ、③食べる量の減少、④睡眠不足です。

まず一つ目の「介護」問題。父が体の動かない病気になり、介護生活が始まりました。父はやせてはいるものの、しっかりした体格で結構重い! でも、施設に入ることを断固として拒否! 何度も説得を試みたもののダメでした。それでだんだんかわいそうになってしまい自宅でみることになったのです。

体は動かないけれど、トイレは自分で行きたいという父に、頑張ってトイレまで連れていき、食事もみんなとしたいというので、リビングまで連れていき、そんな生活をしていたら、介護するほうはかなりエネルギーを消費していたようです。

どんなに楽しい仕事でも、年齢を考えないと!

二つ目の「仕事のし過ぎ」については、急に大きな仕事が入り、とても面白そうだったので引き受けてしまったことによるもの。父の介護で仕事をセーブしてきたのに、目の前のワクワクする仕事に飛びつきました。

今考えると、もう若くないのだから、自分ができる仕事量はわかっているはず。もう踏ん張りはきかないですし、疲れは顔に出てしまう……、ワークライフバランスは大事です。本当に……。

基本中の基本だけど忘れがち! 食事はしっかり摂るべきだった

三つ目の「食べる量の減少」については、仕事も忙しくなり、さらには父の介護で毎日切羽詰まっているような状態。食事を摂っていなかったようなのです。なぜ、他人ごと? そう、食事を摂ったかどうかもわからないくらいの多忙でした。

そして四つ目の睡眠不足。仕事と介護が重なれば、睡眠不足にもなりますよ。そんなこんなで、65㎏あった体重が50㎏まで、たった2カ月で10㎏以上の減少。その代償は大きかった! 頬がこけ、顔の皮膚がたるみ、顔がムンクのようになってしまったのです。

まとめ

歳を取ったら急激な体重減少は絶対にダメだと痛感! 老け顔一直線です。以前、ダイエットの取材で医師からこんなことを聞きました。人間は、一番大切な内臓を守るために、おなか周りは最後に脂肪が落ちるとか。そのため、顔や胸など脂肪がなくてもいいところは、先に落ちる。顔と胸のふっくらは、若さの象徴です。若いころなら顔やせはうれしいけれど、歳を取るとたるみが出て一気に老け込みます。胸が落ちるのも切ないですし……。美しくやせるためには「時間をかけて、じっくりとゆっくり、のんびりと」。私が得た教訓でした。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

体型のお悩みカテゴリの最新記事