オトナ女子が走り始めるのなら“夜ラン”がイイ!【体験談】

オトナ女子が走り始めるのなら“夜ラン”がイイ!【体験談】

ほとんど運動をしてこなかった私が、ランニングを始めたのが38歳のとき。週1~3回のペースで、3~4kmの距離を7年間走り続けています。ただし、時間帯は95%夜。断然夜。晴れている朝より小雨の夜ってくらい、夜。特に初心者ほど夜ランがおすすめだと思うのです。

ださジャージでも夜ランなら気にならない!

夜になると家を飛び出し、市内を小走りする――。どら猫を追いかけるサザエさんの話ではなく、自分のランニングの話です。第二次ベビーブーム世代のオトナ女子の私が40手前でマラソンを始めた理由は、ダイエット。このとき身長158cm、体重はぎりぎり49kg。運動不足の解消と、50kg台に乗らないように体重をキープしたいというのが理由でした。

要は近所を走るだけだから、おしゃれなスポーツウエアは不要なわけで。というか、もうきれい色の短パンにスパッツとか自分のしりでか体型では絶対に無理。もはや公開処刑でしかなく、そこら辺でバリバリ走っているおじさんにすら、スタイルは完敗します。手持ちの地味な黒ジャージで十分。Tシャツだってスポーツ系でなくても困らない。普通にどこにでもあるようなやつでいい。そんなパッとしない姿の私を隠してくれるのが夜の闇でした。

しかも自分、ランニングと呼べるほどスピードを出せないのが実情。ランニングっていうか、小走りです。黒いジャージを着たおばさんが、町内を延々と小走りしているわけです。やだもう、ご近所さんにとか会いたくない。闇に紛れて走るしかなく、ついでに夜は紫外線の心配もありません。

夜の運動でほどよく体力を消耗してぐっすり

もちろん夜走る際には、安全確保が大事だと思います。人通りが多い、街灯である程度の明かりが確保されているなど、あらかじめ安全なコースをチェックしておくと安心。段差なども見落とすと危ないので、舗装された平坦な道を選んでいます。

ちなみに夜小走りしていると、ママ友同士2~3人でウォーキングしている同世代の姿もよく見かけます。ランニングのハードルが高いのであれば、おしゃべり夜ウォーキングも楽しそうで続けやすそうだなと思いました。

これは走ってから気付いたのですが、ほどよく体力を消耗するので、熟睡できるということ。ライターという職業柄、1日中机に向かっていることも多く、いくら家事をしているとはいっても運動量は少なめ。体力が余っているのかぐっすり眠れないことが多く、市販の睡眠薬に頼ることがよくありました。それが、夜ランを始めてから熟睡率は200%くらい向上(私調べ)。なので、なんとなく夜になっても元気で、眠れない予感のするときは黒ジャージを着込んで小走りに出かけます。

汗だくになって帰ってきたら、お風呂に入ってお酒を飲んで(大事)スコンと寝る。颯爽と走れているわけではないけれど運動後の爽快感は、今なお続ける大きな理由になっています。

7年間小走り続けた結果…体重は?

7年間、小走り続けた私。時に走りたいあまりに本振りの雨にも負けずに夜の町を疾走し、すれ違う人から「なにかワケありでは?」と思われたこともありました。

そして、現在の体重はというと、158cm、58kg(調子の良いとき)。びっくり。増えてる。びっくり。空気にカロリーが含まれているとしか思えません。スポーツトレーナーさんのダイエット本などにも「ダイエットは食事が8~9割、運動が1~2割」とあります。私といえば食事は特に気を付けていなかったですし、やせるわけないか!!

努力がまったく実っていない私を憐れんだ夫は、ネットで「飲めばみるみる30kgやせるサプリメント」の広告を見つけてきて、買ってもいいと言ってくれました。そんな怪しいのいらないから!

私の場合、ランニングによるダイエット効果は皆無に近かったけれど、長期的には「風邪を引きにくくなった」「疲れにくくなった」「ヤバイ、ガチで遅れる!というときにそこそこの距離を走れるようになった」という効果を感じています。

まとめ

ランニングは無理をせず、走るのに疲れたら歩いて、体力が回復したらまた走り始めるようにしています。いつかスレンダーになっておしゃれなウエアを着て、朝ランする日を夢見て……。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

体型のお悩みカテゴリの最新記事