40代にはイタい!若作りに見られるファッションアイテムとは【体験談】

40代にはイタい!若作りに見られるファッションアイテムとは【体験談】

私は若いころからトレンドのファッションが大好き! アパレルの仕事をしていたこともあり、自宅には洋服があふれていました。まだまだ着られるからと20代のころに買った服も着ていましたが、40代になり鏡に映った自分を見てみると「あれ? なんかイメージ違うかも……」ということが増えてきました。顔や体型、肉質は確実に変わってきているのに、ファッションの好みは20代、30代のまま。思い切ってクローゼットの見直しをおこない、40代の私にはちょっとイタ過ぎると思う洋服とはお別れしました。

いつ買った服?あわや若作りのイタいおばさん

毎年変わるトレンドの服は見ているだけでもワクワクして楽しいです。ふらっと立ち寄ったショップで衝動買いしてしまうこともしばしば。私が20代のころは今ほどプチプラファッションが浸透していなかったので、なけなしのお給料を握り締めて百貨店のウインドーをのぞいてはお気に入りの一着を増やしていたものです。そんな思い入れのある服だからこそ、もったいなくて「まだ着られる、まだいける」とずるずる30代も着続けていました。

ところがさすがに40代にもなると、20代のころの服に身を包んだ自分に違和感が。明らかに顔が服に合っていないのです。サイズもなんだかピチピチ。同じMサイズでも20代のころはジャストサイズで着られていたのに、今着ると二の腕やおなか周りがふっくらした分、ぴったりサイズが体の丸みを強調して見えました。

別に40代でも好きな服なら気にせずに着たら良いとは思います。ただ、このままでは若作りしているイタいおばさんに見えてしまうのでは?という不安も拭えません。まだまだ着られると思っていた若いころの服は、本当に今の自分に似合っているのかを冷静に見直してみることにしました。

自分で選べないから客観的意見を聞いてみた

思い切ってクローゼットの洋服を取り出し、似合っていない服はどんどん手放そうと決意。ところが1枚1枚手に取ると、どうしてもその服を着ていたころの記憶や高かったのにもったいないという思いがよみがえり、「やっぱり置いておこうかな」という未練が出て来てしまいました。自分ひとりで洋服の選別をすると、どうしても主観的目線が入ってしまう。そこで夫と私の20年来のおしゃれな友人の力を借りて、第三者目線で今の私に似合わない洋服を選んでもらうことにしました。

選んでもらうポイントとして挙げたのは以下の4つ。
①40代には若作り過ぎると思う服
②顔色が悪く見える服
③スタイルが悪く見える服
④今の顔に似合わない服

夫も友人も、これは似合わない、これもダメと私のお気に入りの服を容赦なく切り捨てていくので、30分ほどでサクサクと仕分けが完了。夫と友人から40代の私には若過ぎという烙印を押され、手放したファッションアイテムは思っていたよりたくさんありました。

40代でサヨナラしたファッションアイテム

私が手放したファッションアイテムは以下のとおり。
①ミニスカート・ショートパンツ
芸能人でもない私が40代でミニ丈を着るのはキツいと真っ先に選別。
②肌見せのトップス
オフショルダーや背中が開いたニットなど露出が多い服も、今の私が着ると品がない感じがする。
③クラッシュ加工の入ったデニム
今の私が着るとちょっと小汚く見えてしまう。
④ガーリー過ぎるアイテム
リボン・レース・フリルなどが付いた服も、かわい過ぎて40代となった私の顔と違和感がある。
⑤キャラクターや派手なロゴの入ったTシャツ
カジュアル過ぎて、今の私が着ると若作りに見える。
⑥アニマル柄のアイテム
ヒョウ柄やダルメシアン柄のストールやバッグは40代の私が身に付けると逆におばちゃんぽさが強調される。
⑦ハワイアンな柄やサーフ系スウェット
昔、大流行したハイビスカス柄やサーフ系のファッション。時代を感じるとバッサリ。
⑧スパンコールやスタッズが付いた服
ギラギラして余計おばちゃんぽい。

見返してみると肌の露出が多い、かわい過ぎる、子どもっぽい、派手、そういったアイテムが第三者目線で見たときに40代にはイタいと思われたようです。

まとめ

気付かないうちにしてしまっていた若作りファッション。40代になって似合わなくなったファッションもあるけれど、年を重ねたからこそ似合うようになったファッションもあるはず。思い切って昔の服を整理したことで、大人が似合うファッション探しにムクムクと興味が湧いてきました。40代になっても50代になっても、そのときの自分に一番似合う服を選んでいけるようになりたいと思います。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

体型のお悩みカテゴリの最新記事