肌荒れが悪化。原因はアレルギー?病気?驚きの診断結果が!【体験談】

肌荒れが悪化。原因はアレルギー?病気?驚きの診断結果が!【体験談】

40歳を過ぎてから、皮膚トラブルを感じることが多くなりました。比較的肌は丈夫だった私にとって、あまりにひどい状態に「もしかして何か病気なのでは?」と心配になったことがあります。病院嫌いのオトナ女子が皮膚科を受診し、その後どうなったのかについてお話しします。

ガサガサしてゴワゴワ、これは私の肌?

45歳のときです。肌荒れが日に日に悪化し、私は弱り果てていました。カサカサして、ゴワゴワもしている感じとでも言えば良いのでしょうか? そんな症状が顔から首にかけて広がっていました。ちょうど愛犬を飼い始めて数カ月たったころ。「恐れていたことが起こってしまったかも……」。実は犬アレルギーがある私は、慌てて皮膚科を受診したのです。

医師の診断は意外なものでした。犯人は加齢だというのです。「年齢を重ねているのに、若いころと同じスキンケアをしていない? 洗い過ぎもトラブルの原因ですよ」と先生に言われ、がっくりとしたことを今でも鮮明に覚えています。

病院からの帰りに洗顔料を購入

先生のおっしゃることは図星でした。というのも、当時私は節約と称して中高生の娘たちと洗顔料を兼用していたのです。指摘された「若いころと同じスキンケア」どころではありませんでした。40代半ばの母が、10代のピチピチ肌の娘たちと同じものを使っていてOKなはずがありません。帰り道、そのままドラッグストアに立ち寄りました。「洗顔料ってこんなにあったのね……」。ズラっと陳列された商品棚を見ていたら、悔しくて情けなくて涙がにじんできました。

そのとき私が選んだのは、乳液タイプの洗顔料です。成分表示もしっかりチェックし、パラベン・アルコール・シリコン・タルクなどが無添加である、できるだけナチュラルなものをセレクト。価格は1,500円くらいだったと思います。

洗顔=さっぱりと思い込んでいた

その日の夜から、早速新しい洗顔料を使い始めました。私の場合、肌荒れが首まであったので、顔だけでなく、デコルテ辺りまで洗顔料を使用。そして、まず、洗い上がりにびっくり。「さっぱりしなければ洗顔ではない」とさえ思っていた私にとって、乳液タイプの「しっとりモチモチ」な使用感はある意味衝撃でした。洗顔後のツッパリ感は皆無。

洗顔に続くスキンケアも、それまでは大急ぎで化粧水を肌にたたき入れる感じでしたが、丁寧にパッティングしました。デコルテ辺りまでしっかり保湿。しっとりした肌にローションをつけると、気持ちも優雅になるから不思議。鏡の前でパッティングすれば、肌のチェックにもなり、自然とスキンケアにも力が入るようになりました。するとガサガサでゴワゴワの肌荒れは、程なくして消失したのです。

まとめ

皮膚トラブルの原因が加齢と聞いて涙が出るほどショックでしたが、先生に一喝されてよかったと思っています。やはり、何かあったら病院です。

あの日以来、洗顔料は乳液タイプかオイルタイプとしています。残念ながら、高級化粧品というわけにはいきませんが、成分もきちんとチェックして、品質の良いものを購入するよう心がけています。シミやたるみといった「オトナ女子あるある悩み」はまだまだ解消されませんが、肌荒れがないだけで気分も上々。今も犬アレルギーが出ることもなく、毎日愛犬とじゃれ合っています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

肌のお悩みカテゴリの最新記事