週1禁酒の挫折後、週4禁酒!成功の秘訣は飲まない時間を楽しむこと【体験談】

週1禁酒の挫折後、週4禁酒!成功の秘訣は飲まない時間を楽しむこと【体験談】

以前、週1禁酒を始めたものの、びっくりするくらいダイエット効果が得られなかった私。結果、「同じ体重なら飲まなきゃ、損、損」とばかりに、再びアルコール度数9%のストロング系飲料350ml×3本を毎日飲む生活に戻ってしまいました。

ところがあるときから酒残りによる頭痛が頻繁に起こるようになり、そのたびに頭痛薬を服用していたら、ついに薬が効かなくなってしまったのです。え、これってダメなやつじゃないですか? ダイエットとか関係なしで、今度こそ禁酒、頑張ります!

ストロング系飲料350ml×3本はテキーラ8杯分!?

これまでストロング系飲料を飲み続けた理由は、もはや5~6%程度では飲んだ気分にならないから。18時~0時の間に350mlを3本のペースで、量にして日々1,050mlくらい飲むのが私のルーティンでした。アルコール摂取量は75g。数字で見ると多いのかどうかよくわからないのですがワインならボトル1本(750ml)、テキーラショットで換算するとおよそ8杯分に相当するようです。

テキーラ級の酔い加減のおかげで寝付きは良いものの、睡眠が浅いのか夜中~明け方に目を覚ますのも悩みどころでした。それなら週1禁酒といわず、平日禁酒をするのはどうだろう? あ、でも金曜日は次の日が休みなので飲んで良しとするか。月~木の週4禁酒で、週末は自由に飲む。うまくメリハリをつければ、続けられるかも!

飲酒習慣を振り返り、飲みたくなる時間に動く

今回は本気で禁酒するため、まずは自分が飲んでいるタイミングを振り返ることにしました。私の場合、夕飯の準備中、食事中~食後、お風呂上がりに飲むことがほとんど。特に家事が終わってホッとくつろぐ食後は、お酒に手が伸びてしまいがちなデンジャラスタイム。

そこで食事中まではノンアルコール飲料でやり過ごし、食後は何も飲まなくて済むようにオンラインヨガで体を動かすことにしました。人間、運動しながら酒は飲めない!そして、運動後は入浴。だいたいお風呂から上がると22時を過ぎているので、就寝までの1~2時間をノンアルでやり過ごすのは難しいことではありません。

併せて酒量を記録できるアプリをインストール。成果が目に見えるので、ちょっとした達成感があります。

お酒を飲まないおかげで「自由時間」が増えた!

禁酒2日目で、酒を飲まないと夜の時間を長く過ごせることに気付きました。今までは酔っぱらった挙句、リビングで寝落ちして家族に放置され、真夜中に凍えながら目を覚ますなんてざらだったけれど、シラフだとまず寝落ちすることはなし。頭もしっかりしているし、就寝時間のギリギリまで進んでいなかった本を読んだりテレビを見たりと、自由な時間が満喫できるのです。

お酒を我慢するのではなく、飲まない夜の時間を“楽しむ”ように意識をシフトしたら、あれよあれよという間に週4禁酒が実現できました(写真参照/四つ葉のクローバーが表示されている日は禁酒した日)。アルコールを摂取していないので、当然ながら酒残りもなし。頭痛は禁酒2日目にはスッキリ解消されました。

まとめ

これまで毎日テキーラ8杯相当のアルコールを摂取していたのですが、週4禁酒をしてからは少しお酒に弱くなり、チューハイ2本で満足できるようになりました。禁酒は自然な減酒となったわけで、あとはダイエットにつながれば、もう文句なし。頼むよ、肝臓!

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

生活・その他カテゴリの最新記事