50歳を目前に見直してみた!私の似合う色&似合わない色【体験談】

50歳を目前に見直してみた!私の似合う色&似合わない色【体験談】

私は年齢とともにファッションに対する好みも変わり、たんすの中の服も随分変化してきました。しかし、今まで気に入っていた服さえも、なんとなく似合わないと感じることが増えてきたのです。そして、その原因が服の色ではないかと気付き、50歳を目前にして今の自分に“似合う色”を徹底的に見直してみたという体験談です。

今までお気に入りだった服に違和感が!

年齢とともに自分の服に対する好みもだいぶ変わってきました。30歳に入ったころはまだ20代のファッションをそのまま楽しんで着ていたように思いますが、30代半ばになるころには、さすがに若いファッションに違和感を抱くようになり、大きく見直しが迫られました。

色に関しては昔から、この色は自分に似合う、あるいは似合わないという思い込みがあり、それ以外の色をいろいろ試してみることも、あまりしてきませんでした。しかし、今まで絶対に似合うと思っていた色に、なんとなく違和感を抱くことも。そこで50歳を目の前にして、自分に似合う色探しをスタートしたのです。

自分に合うカラーを徹底的に探し出す

今の自分にはいったい何色が似合うのだろうと考えても、昔から似合うと思っていた色以外は思い浮かびませんでした。そこで自分に合う色と合わない色をしっかり探し出す方法として、すぐ頭に浮かんだのは自分に合う色探しのアプリです。

私のイメージでは自分の顔写真にいろいろな色を合わせることができるようなアプリでしたが、そのようなアプリがあるか調べる前に自分の中で却下しました。なぜなら画面からでは本当の顔色など正確にわかるはずがなく、あくまでも机上の空論だという気がしたからです。

やはり実際に鏡を見ながら自分に色を合わせてみることが大切だと考え、そこで思い付いたのが色画用紙でした。すぐに色画用紙をネットで探したところA4サイズ50色入りというものを見つけたので、それを早速注文することに。

50色入りともなると、例えばピンクでも濃いタイプから薄いタイプまで数種類あるので細かくチェックすることができました。その上、A4サイズなのでわかりやすいというメリットもあり、これを鏡の前で自分に合わせていくという方法で、すべての色を試してみたのです。また日中の太陽の光の下と夜電灯の下とではまた違いもあり、条件を変えてみるなど工夫してチェックしてみました。

自分に似合う色は想像外のものだった

色画用紙を使ってチェックをする場合、色に対する自分の好き嫌いや、昔から自分に似合う色、似合わない色という思い込みをすべて捨て、できるだけ何も考えずに第三者的な目でチェックをしたのです。また同じように似合う色同士を比べ、似合う順位も付けていきました。

よくファッション雑誌などに、中年女性の顔をきれいに見せてくれると書いてある薄いピンクを合わせてみると、私にはあまり似合わなかったのです。そして、グレーは老けて見えると思い込んで避けていた色の1つでしたが、私には薄いグレーがとても似合い逆に若々しく見えました。

ほかにも若いころからスカイブルーはとても似合い、薄いブルーは似合いませんでしたが、今は薄いブルーがとても似合っていたのです。また以前はピンク系の赤が似合い、オレンジ系の赤は似合いませんでしたが、今回の色チェックでは真逆という結果に。

年齢とともに今まで自分に似合っていた色が似合わなくなったり、似合わないと思って避けていた色が意外と似合うようになっていたりと、最近の服に対する違和感の原因も自分の目で確認することができました。

まとめ

似合う色の見直しをおこなってからは自分に似合う色を意識し、服を少しずつ買い替えていますが、似合わなくなった服でもスカーフなどに似合う色を持ってくるなど、じょうずに着こなせば違和感がなくなるものも。また、年齢より少し若いかなと思うようなデザインでも、自分に合った色であればおしゃれに着こなせるということにも気付きました。これからも時々、今の自分をすてきに見せてくれるカラーチェックをしてみようと思います。

そして今回、似合う色の見直しをおこなったことで、アラフィフという年齢は人生の折り返しの年齢でもあり、いろいろな面で見直しが必要な年齢なのかも知れないと考えるようになりました。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

生活・その他カテゴリの最新記事