40歳で整形手術を初体験!やってよかった目の下の脂肪取り【体験談】

40歳で整形手術を初体験!やってよかった目の下の脂肪取り【体験談】

40歳になったころから気になり始めた目の下の膨らみ。その膨らみによってどんどん老け顔になっていきました。目の下の膨らみを目立たなくするために、スキンケアにお金をかけたりメイクを工夫したりしましたが、膨らみはどんどん大きくなるばかり。まだ40歳そこそこなのに、このままではこの先どんなに老けてしまうのだろうと恐怖さえ感じるようになり、今まで自分には縁のないと思っていた整形手術を思い切って受けた体験談です。

まだ40歳なのにこのままでいいの?

30代半ばごろから目の下の膨らみが少しずつ気になり出していましたが、特にそれが悩みというほどではありませんでした。しかし40歳になるころには、急激に目立つようになってきたのです。そして、まだ40歳そこそこなのに50歳以上に見えるほどの老け顔になってしまいました。

少しでも膨らんだ部分を目立たなくするために、目周辺専用のパックや高級美容液を使用したり、コンシーラーなどを使ったメイクなどを試したりもしましたが、実際にはほとんど効果はなく、逆に下手にメイクをすると悪目立ちしてしまうことも。

また、目の下の膨らみは笑うと目立たなくなるので、できるだけ笑顔を絶やさないようにするなどの努力もしましたが、やはり不自然に笑うことにも限界があります。知り合いと会っても毎回のように「あれ、今日、疲れている?」と言われるようになったのです。

たしかに顔を鏡に映しても疲れた表情に見え、50代後半と言っても特に違和感がないほど老けて見える自分に「まだ40歳なのにこのままでいいの?」と自問自答する毎日でした。

とうとう真剣に整形手術を視野に入れる

50代、60代になると目の下の膨らみが目立っている人も多くなるように思いますが、私はまだ当時40歳そこそこ。私は「このままどんどん老け顔になるのは嫌だ」とはっきりした意志を感じるようになりました。

そこで今まで頑張ってきたスキンケアやメイクではなく、もっと確実な対策として整形手術を視野に入れることにしたのです。昔は整形手術というと芸能人などがおこなうものというイメージが私にはありましたが、現在は主婦でもおこなう時代と言われています。

それでもやはり“自分の顔にメスを入れることは悪いこと“という古い考えを持っていた私は、整形手術に対してのハードルは低くはありませんでした。

しかし「このままでは嫌だ、なんとかしたい」という気持ちのほうが強かったため、すぐにネットで美容外科クリニック探しをスタート。それでも自分はとんでもないことをしようとしているのではないかという気持ちも捨て切れませんでした。

人生初の整形手術、その結果に大満足

美容外科クリニック選びは特に知識がなかったので、施術後の帰りのことを考えて自宅からあまり遠くなく、信頼できるであろう大手のクリニックに決めました。まず相談の予約を取ろうと電話で連絡をしたところ、相談と手術の同日予約を入れることになったのです。

当日は不安を抱えながら、もし納得できなかったらそのまま手術をせずに帰ろうとドキドキしながら受診。医師から経結膜下脱脂法(けいけつまくかだっしほう)と言う方法について丁寧な説明を受けました。経結膜下脱脂法というのは、下瞼の裏にメスを入れて目袋にたまった脂肪を取り出す方法です。外側に傷ができず術後の腫れも少ないベストな方法だと説明を受けたのでその方法に決めました。

そのまま手術に進みましたが、時間的には約30分程度。麻酔を患部に打ったので、まったく何をしているかわからないほど感覚はなし。術後は30分ほど休んでメイクもOK。今回の手術代は50万円(税別)でした。

電車で帰ることができましたが、目の下に大きなあざができたので、それが消えるまではコンシーラーで隠していました。しかし私の場合、腫れも当日少しあった程度だったので、特に周りの人に知られることもなく、手術の結果はとても良好でした。これまで悩み苦しんだ日々はなんだったのだろうと思うほど、あっという間に悩みは解消されたのです。

まとめ

今回のことで私の整形手術に対するイメージは大きく変わりました。今回は人生初の整形手術ということもあり勇気が必要でしたが、あのころの苦しさを思い出すと、思い切って本当によかったと思っています。あれから8年ほどたちましたが、目の下がすっきりしたおかげで前向きになり、積極的に明るい気持ちで毎日生活しています。

私が整形手術を受けたことを知らない知り合いや最近出会った友だちなどからは、今でも「年齢より若いね」と言われることがあり、本当にあのとき勇気を出してよかったと思っています。

その一方で、今回の整形手術は成功しましたが、整形手術も一般の外科手術や治療と同じようにリスクを伴うことを忘れずに、安易に考えてはいけないということだけは心にしっかり刻んでいます。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

肌のお悩みカテゴリの最新記事