「お母さん、口クサい」息子に言われた一言で一念発起してオーラルケア【体験談】

「お母さん、口クサい」息子に言われた一言で一念発起してオーラルケア【体験談】

20代のころにはなかった口の中のネバつきや口臭を感じることはありませんか? 「もしかして……」と思っていたら、一番身近な存在の息子に「クサい!」と言われ、歯科医へ。ある2つの方法で根本的に解決しました。

息子に「口、クサい」と言われ…

40歳を過ぎたころから、朝目覚めると口にネバつきを感じるように。しかも歯をちゃんと磨いているのに「ハァ~」とすると、なんとなくクサい。そう感じるようになってから、「歯間ブラシ」を使って歯磨きしたあとには必ずマウスウオッシュで口の中を洗うようにしていたのですが、時間が経つとネバつき、ニオイがすぐに戻ってしまいました。

ある朝、寝ていると息子が近くに来たので、顔を近づけて「ハァ~」とすると「お母さん、口クサいよ~」と鼻をおさえて逃げていくではありませんか。ショックすぎる!!

ニオイの原因は歯ブラシでは取れないプラークだった

あまりのショックにかかりつけの歯科医をすぐに予約。先生に相談すると、プラークがたまっているといわれ、歯の掃除をしてもらいました。

プラークとは、歯磨きだけでは取りきれない食べカスに細菌が繁殖したもの。これを放っておくと虫歯や歯周病の原因にもなるんだとか。さらに加齢によって唾液の分泌が減り、口の中の自浄作用が働きにくくなって口臭が強くなるらしく、女性ホルモンの低下によっても唾液の分泌が低下することもあるそうです。

そこですすめられたのが、デンタルフロスと口の中を水で洗浄する口腔洗浄器。もちろんデンタルフロスはその日から、口腔洗浄器はその夜にAmazonで「ポチッ!」としました。 数日後、わが家の洗面台は、「歯ブラシ」「歯間ブラシ」「デンタルフロス」「口腔洗浄器」「マウスウォッシュ」が勢ぞろいしたのでした。

ガム・デンタルフロス(サンスター)600円(税抜き)
歯と歯の隙間に糸を通し、食べかすや歯周プラークを取り除きます。初めは奥歯にするのが難しかったですが、慣れてくると短時間でできるようになりました。

ジェットウォッシャードルツ(パナソニック)オープン価格
歯と歯茎の間の歯周ポケットにたまった汚れを水の勢いだけで除去。これで歯を洗うと表面がつるつるになるのが舌の感触で実感できます。

10日でネバつき、口のニオイが消えた!

「デンタルフロス」と「口腔洗浄器」の効果が出始めたのは10日後くらいから。朝、歯を磨いて「デンタルフロス」「口腔洗浄器」をすると、1日中、口の中がすっきり過ごせます。また夜寝る前に「口腔洗浄器」をすると、朝起きたときの「お母さん、口、クサい」という息子の苦情もなくなりました。

ちなみにこの「口腔洗浄器」は歯医者さんが友人にプレゼントとして送るほどのスグレモノだそうです。

まとめ

40歳過ぎから気になり始めた口のネバつきとニオイ。歯科医で歯の掃除をしてもらい、「デンタルフロス」や「口腔洗浄器」でケアすることで気にならなくなりました。ニオイ消そうとして「マウスウォッシュ」を使うより、しっかり汚れをとるほうが解決しやすいかもしれません。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

生活・その他カテゴリの最新記事